2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月25日 (火)

鳥海山続き…

鳥海山を後にし、帰り道月山に立ち寄り駐車場でテント泊。

Photo_17 夜も更けてからの宴会。駐車場には車はあるものの、テント泊している人はだれ~もいない。なんで、存分に鍋を楽しみました。ちなみに“X”ポーズで喜びを表現させていただきましたっ!

Photo_18 翌日、朝からの土砂降りにより、月山ツアーは急遽中止し、釣りに→。しかしながら、こんな状況では雪代もひどく、結局温泉入って、グルメツアーに変更。「肉そば」コレがうまい、うまい。一寸亭(ちょっとてい)にて。

Photo_19 今度は仙台に戻り、地元のおいしい和菓子屋さんへ。店内で抹茶も楽しめるとあって、ウキウキのワレワレ。

都会の中にひっそりと品のあるお店でしたぁ。

Photo_20 この日は結局みきちー宅でご馳走に!!

鍋ばっかりだったので、生ものが欲しいということで、こんな感じ・・・。

いやぁ、麦酒サイコーっ!

みきちー写真撮ってくれてアリガトっ

2006年4月24日 (月)

載せていただきましたっ

Flyfisher 4/22日発売、フライフィッシャー6月号(つり人社)に載ってまッス!!グッドサイズではなかったものの、キレイなお魚は何とかゲット。ライズはあるもののなかなか釣れんかったなぁ・・・。まぁ、それが実力なんですけど・・・。

中盤辺りに、5ページほど出てます。お暇な方は是非見てみてください。

2006年4月23日 (日)

鳥海山

18日~20日まで山形は鳥海山に行ってきましたぞぅ。18日早朝から車を走らせ(本当は深夜で出発する予定でしたが、相棒みつるんが寝坊・・・)仙台によってミキティーをピックして、なんだかんだで現地に13:00。(ガントウさん、オオトモさん大変遅刻いたしまして、すみませんでしたぁ)

Dsc_0005_3 牧場を右手にひたすら3時間弱登る・・・。天気予報では初日が晴れといっていたが、実際はこんな感じで、地元じゃなければ絶対入らない濃いぃガス。

Dsc_0014_1 16:28、やっと今晩の宿になる“滝の小屋”に到着。

といってもず~っと視界が悪かったので、いつ小屋に着くのか、果たしてどのくらいのところにいるのかテンで分からなく、小屋が見えたときは安堵した。実際、50Lのザックにシュラフ、マット、ザイル、コッヘル、食料などのほかに、ビール6本持っていったので、バテましたっ・・・。

Cimg1952

初日夕方、いままでの悪天候がウソのように回復傾向に・・・。

30分くらい登って滑ろうかと話してはいたものの、このときすでにビールを空けてましてぇ、無理でございました。

  Dsc_0016

宿泊した(といっても営業しているわけではないので、実際には避難小屋のように使わせてもらった)“滝の小屋”にて、宴会直前の図。怪しい“チーズねり”お菓子を持参していたオオトモさん。口にしてみるとなかなか美味!?しかもカタく、舐めていてもいっこうに減らないのが“行動ツマミ”としては最高?それにラジオの楽しみ方を教えていただきましたぁ、えぇ。

Dsc_0020翌19日、朝、5:30。

崩れていた天気も回復に。“滝の小屋”から眺めた日の出ザンスぅ。

前日までガスの中をずっと歩いていたせいか、日の光がまぶしくて仕方なったです。ちなみに手前に見えるのが小屋です、ハイ。

まだ雪の中よん。

Photo_12 まだまだ、Zzz・・・なところ。夏は普通に山小屋として営業しているので、広い。なんで、かえってテントより寒さが身にしみて、なかなかシュラフから抜け出せないでおります。

Photo_13 小屋からの登り出し。

結構近くに見えますが、これが遠いのなんのって・・・。結局3時間近くかかりましたぁ。

Dsc_0030ガントウさんの滑り。

アルペンとテレマークをしている両刀使い。テレは2年目だというのに、ウマイっ!体力もすごいし頼れるアニキって感じ・・・。

Dsc_0089

ミキティーの滑り。60L背負ってるのにこの滑り。さすが“テレマークばんば世界選手権”優勝者。彼女のすごさにはいつも驚かせられます。ちなみに日本山岳耐久レースでも女子8位になるほどの脚力の持ち主です。

Dsc_0050 安定していて、ソツのないオオトモさんのすばらしいの滑り。

ステキな笑顔にマニアックな話が妙にマッチしてましたぁ。

Dsc_0070 みつるん。

唯一のナイスショット!!いつも内倒しすぎて、転倒というケースが多いため、今回は貴重!?

しかしながら、テレマーク初めて1年目だし、というよりウィンタースポーツはほぼハジメてというから末恐ろしい・・・。

来週の至仏山でも成長を見せることでしょう。

Photo_14 不肖、ワタクシ。ちょいとブレてます、お許しを。

カメラフロントにつけて、50L背負って、結構重いねん。

Dsc_0083_1 頂上から少し下ったところ。

小屋がやっと見えてきた。

結局6時間くらい登ったんですが、裾野が広い鳥海山は滑っても滑っても、下までたどり着かないくらい距離がなが~い。

さすがです。

Photo_16 最後に戻って、記念撮影。地元坂田のガントウさん、オオトモさん、本当いろいろお世話になりました。お二人がいなかったら、こんなすばらしいツアーにはならなかったと思います。また宜しくお願い致します。

2006年4月16日 (日)

よみうり文化センター、トレッキングツアー

昨日はガイドのお仕事でして、奥武蔵は日和田山、物見山辺りに行ってきましたぁ。参加者は今や常連さんの三浦さん、釜石さん、大賀さん、崎谷さん、東さん、そして初参加の高橋さんの計7名で、ほぼ満開の桜ツアーとなりましたぁぁ。皆さんお疲れ様でした。

20060415_出発した巾着田を背に、日和田山の男坂を登る。

女坂もあるんですけど(多少なだらかなのね)、みなさん一応に「じゃあ、きつい方いきましょうよ」ですって、さすが、頼もしい限りでございます。

20060415__1 今回の最高峰、物見山375m。なんてことない低山ですが、こんな山がいっぱい連なっているので、プランをいろいろ組みやすく、人によってはかなりの縦走も可能なので、自分に合わせたプランでいい練習になりますよぅ。ちなみにうちのスタッフには夜9時過ぎまで、走っていたアホもおります。もちろん、トレイルランニングにはもってこいのコースですよぅ。

20060415__5 桜がかなり満開だったんですよっ、コレがぁ!!いやぁ、コレ、ボクなんですけど、思わず黄昏ちゃいましたねっ。そこんとこパシャリとしてくれたんですねぇ、いやぁ、ありがとうございます。

20060415_jetboil  北向地蔵のところでのランチ。先日ご紹介した“ジェットボイル”、お湯沸くの早いんですコレがぁ。使い勝手もまずまず?はじめは戸惑っていたMさんもばっちり使いこなしてます!?

20060415__6  後半は皆さんに地図読みの練習をしてもらい、何人かで次のポイントまで、ナビゲートしてもらいました。普段から地図とコンパスを使っていない人が多いことと思いますが、参加された方々も例外に漏れず・・・。なかなか面白いものを見せていただきましたっ。内心、ここで曲がっちゃうの?とか、あ~ぁ曲がるとこ過ぎちゃったぁ・・・等々(笑)。

20060415__7 ユガテでのひとコマ。なんだかんだ6時間歩いてもらったんですが、花が咲き乱れていたこともあり、疲れもなく今年はじめのツアーにしては大変思い出になるツアーでしたっ。Kさん写真ありがとうございました。

2006年4月15日 (土)

これから・・・

という放送のもとに、鬼怒川の放水が行われた。30~40cmくらい増水した河川ではありましたが、なんとか釣りが成立した部分もあり、これから一丁がんばりまっかぁ、ってとこでコレ。素直に帰れずあっち行ったり、こっち行ったり結局良いはずがないですがねぇ・・・。たまには増水の川を眺めるのもいいのかも・・・。きょうは良いんじゃないですかぁ、みなさん釣れましたぁ?

Photo_10 虫がじぇんじぇん出てなくて、なんとかユスリカでゲットしましたよぅ!

Photo_11 ちょいデブなヤマさん、大増水の中ならまだましでしょ。

自分を労わって・・・。

2006年4月10日 (月)

試乗会

Hkuba47にて、ベクターグライドの試乗会に行ってきましたぁ。前日は雪が降ったこともあり、チョットイイ思いなんかもできるかなぁと期待しつつ4時半に出発、8時半にはゴンドラに乗って集合場所へ。Photo_1 47

どうです、まだまだ滑れますなぁぁ。パウダーですぞ!さすが北アルプス!!

まだ、時間が早いこともあり空いてました。お願いして写真を撮らせてもらい、1番に試乗!!しかし、この後が大変、お昼近くになるとかなりの、ひと、ヒト、人で試乗するにも大変になってしまうほど・・・。結構すごかったです。良かったぁ早く行って・・・。

Photo_2 来シーズン発売のグリードです。トップは140mmもあるスーパーファットで、193cmのワンサイズのみ。しかし、実際の乗り心地は180前半の感覚で、しかもターン性能もよく、ピステもこなしてくれます。パウダーはもちろん“かっとび”です。

Photo_7 今シーズンよりデザインが変更されたボールド。選ぶならまさにこの1本でしょう!ピステ、オフピステ問わず、乗り心地はすばらしく、レスポンスも申し分なし。買っちゃうかもぅ。

Photo_4 コレも来シーズン登場のオムニテレマーク。アルペン転向組みやピステで切れる滑りをしたいなら、コレでしょう。カービングもきついのでオフピステは?と思っている方も大丈夫。実際乗ってみると雪に引っかかる感じは気にするほどではなく、良い感じでしたぁ。

Photo_5 えぇ、左の写真になるのが、ステア。全体的にやわらかいフレックスに加え、適度なカービングは初めての方や体重の軽い方にはもってこい。春のツアーにも最適の1本に間違いないでしょう。

Photo_6 今回、いろいろレクチャーしていただいた、ベクターグライドの木下さん。お忙しいところ、いろいろ変な質問ばかりしたのに、やさしく丁寧にご指導くださいまして、ありがとうございました。お世話になりましたぁ。

2006年4月 8日 (土)

ヤマさん

えぇ、昨日はお仕事で釣りに行ってきましたぁ。一応、取材ってことで、いつもの鬼怒川に行ったんですけど、我々が行く前の日が結構良かったらしく、大型のヤマさん(ヤマメですけどね・・・)も結構あちらこちらでライズしていたそうです。そんな期待も込めて、佐貫へ朝8時半からユスリカ狙いでなんとか1つ、っと思ったのもつかの間、カメラの前で見せびらかしてたら外れてしまったんですヨ、これがぁぁ。そんでもって、気を取り直して今度はチョロチョロハッチしてきたガガンボでエイヤァアアと釣りましたが、あまりお魚がキレイではなく、うーんイマイチ・・・。そんでもって3度目の正直かってことで釣ったら背びれも黒く、尻尾も尖がった良いヤマさんがなんとかネットへ。いいサイズではなかったでしたが、なんとか御の字。夕方から大型を狙いに、いろいろ頂いた情報を元に、あっちこっち探し回り、ライズ待ちをしたんですけど、気温も低かったせいもあるのか、前の日が大フィーバー過ぎたのか、水面は騒がしくなることなく終了。まぁ、イイのが1つでも釣れてくれたので、良しとするべきと自分に言い聞かせることで取材終了。今回の釣行は今月22日発売のフライフィッシャー誌に掲載される予定なので、是非お読みいただけたらと思いますぅ。詳しくは発売日に・・・。(編集部の皆様、いろいろとお世話になりました。滝さん、ほんとお疲れ様でしたぁ)

ちなみに帰り道、あまりに眠すぎ、仮眠をとるつもりで車の中で寝たら、なんと9時間半も寝てしまって、結局、朝帰りでしたぁ・・・(T_T)バカ?

2006年4月 4日 (火)

手さげ風

これは私の友人がやっているのを真似したんですが、これが非常に使いやすく、優越感?にも浸れるため、愛用しております。特に重たいスキーを担いで歩くのは疲れるという女性には打ってつけございます。Photo 「チョット買い物いってくるわ~ん」って具合で手さげ風にやってみてはいかがかしら。

ブラックダイヤモンドのクリップワイヤースキーリーシュやG3のスキーリーシュメタルクリップなどでできますぞ!

Photo_3 「初めてのおつかい」って感じで良いでしょ!

ちなみに後ろは苗場山。苗場スキー場ではありません

(苗場スキー場は筍山なのだぁぁ)

2006年4月 1日 (土)

いつでも便利

1_2 ジェットボイルで~す。皆さん知っているとは思いますが、最近の一押し!!すでに在庫がなくなってしまって、ご迷惑をお掛けいたしますが今月中旬くらいに入荷予定です。

さて、このバーナー何がすごいのって、ほんとに100秒くらいでちゃーんとお湯が沸かせるということ!!私なんか1年中、釣りに行くときも、バックカントリーに行くときも、キャンプのときもずーっと使ってます。今年からは他のコッヘルも乗せられるゴトクが付くということなので、楽しみダス。

2 えーと、独自のフラックスリング(ジャバラみたいなもの)によって、風もブロックし、熱効率がすばらしく良い。それゆえ、ガスの消費量も押さえ、たいしたことないパワーでも早くお湯を沸かすことができる優れもの!また、バーナーとガスがそのままコッヘルに収納可能でとってもコンパクト。沸いたお湯は蓋をすればそのまま飲めま~す。昔、シェラカップを火にかけて、そのまま飲もうとして唇を火傷した人いませんかぁ?(ボクだけ・・・)そんなこともありましぇーん。

3 ただ、ひとつ勝手が悪いとしたら、収納時や飲料時に手元が熱くならないように使用するカップ(右の写真)!一度、ハメるとなかなか外せないんです。夏のトレッキングならまだしも、冬のバックカントリーなんかじゃとてもとても・・・。説明書にはチョットカップの角を落としてと書いてあるんですけど、なんか削りすぎて、失敗しそう。そこで私はダックテープを巻いて摩擦係数をアップ。すべりづらいし、なんとなく玄人っぽい!!(コレ大事!いかにもやってるっぽいでしょ) 

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »