2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« よみうり文化センター、トレッキングツアー | トップページ | 載せていただきましたっ »

2006年4月23日 (日)

鳥海山

18日~20日まで山形は鳥海山に行ってきましたぞぅ。18日早朝から車を走らせ(本当は深夜で出発する予定でしたが、相棒みつるんが寝坊・・・)仙台によってミキティーをピックして、なんだかんだで現地に13:00。(ガントウさん、オオトモさん大変遅刻いたしまして、すみませんでしたぁ)

Dsc_0005_3 牧場を右手にひたすら3時間弱登る・・・。天気予報では初日が晴れといっていたが、実際はこんな感じで、地元じゃなければ絶対入らない濃いぃガス。

Dsc_0014_1 16:28、やっと今晩の宿になる“滝の小屋”に到着。

といってもず~っと視界が悪かったので、いつ小屋に着くのか、果たしてどのくらいのところにいるのかテンで分からなく、小屋が見えたときは安堵した。実際、50Lのザックにシュラフ、マット、ザイル、コッヘル、食料などのほかに、ビール6本持っていったので、バテましたっ・・・。

Cimg1952

初日夕方、いままでの悪天候がウソのように回復傾向に・・・。

30分くらい登って滑ろうかと話してはいたものの、このときすでにビールを空けてましてぇ、無理でございました。

  Dsc_0016

宿泊した(といっても営業しているわけではないので、実際には避難小屋のように使わせてもらった)“滝の小屋”にて、宴会直前の図。怪しい“チーズねり”お菓子を持参していたオオトモさん。口にしてみるとなかなか美味!?しかもカタく、舐めていてもいっこうに減らないのが“行動ツマミ”としては最高?それにラジオの楽しみ方を教えていただきましたぁ、えぇ。

Dsc_0020翌19日、朝、5:30。

崩れていた天気も回復に。“滝の小屋”から眺めた日の出ザンスぅ。

前日までガスの中をずっと歩いていたせいか、日の光がまぶしくて仕方なったです。ちなみに手前に見えるのが小屋です、ハイ。

まだ雪の中よん。

Photo_12 まだまだ、Zzz・・・なところ。夏は普通に山小屋として営業しているので、広い。なんで、かえってテントより寒さが身にしみて、なかなかシュラフから抜け出せないでおります。

Photo_13 小屋からの登り出し。

結構近くに見えますが、これが遠いのなんのって・・・。結局3時間近くかかりましたぁ。

Dsc_0030ガントウさんの滑り。

アルペンとテレマークをしている両刀使い。テレは2年目だというのに、ウマイっ!体力もすごいし頼れるアニキって感じ・・・。

Dsc_0089

ミキティーの滑り。60L背負ってるのにこの滑り。さすが“テレマークばんば世界選手権”優勝者。彼女のすごさにはいつも驚かせられます。ちなみに日本山岳耐久レースでも女子8位になるほどの脚力の持ち主です。

Dsc_0050 安定していて、ソツのないオオトモさんのすばらしいの滑り。

ステキな笑顔にマニアックな話が妙にマッチしてましたぁ。

Dsc_0070 みつるん。

唯一のナイスショット!!いつも内倒しすぎて、転倒というケースが多いため、今回は貴重!?

しかしながら、テレマーク初めて1年目だし、というよりウィンタースポーツはほぼハジメてというから末恐ろしい・・・。

来週の至仏山でも成長を見せることでしょう。

Photo_14 不肖、ワタクシ。ちょいとブレてます、お許しを。

カメラフロントにつけて、50L背負って、結構重いねん。

Dsc_0083_1 頂上から少し下ったところ。

小屋がやっと見えてきた。

結局6時間くらい登ったんですが、裾野が広い鳥海山は滑っても滑っても、下までたどり着かないくらい距離がなが~い。

さすがです。

Photo_16 最後に戻って、記念撮影。地元坂田のガントウさん、オオトモさん、本当いろいろお世話になりました。お二人がいなかったら、こんなすばらしいツアーにはならなかったと思います。また宜しくお願い致します。

« よみうり文化センター、トレッキングツアー | トップページ | 載せていただきましたっ »

コメント

先日はお世話様でした。
素敵なレポート、ありがとうございます。
天気祭りの鍋、最高でしたね!

今度、みきてぃーさんとお会いしたら、動画のCD-Rをお渡ししておきますね。

ぺ・ヤングさんへ。こちらこそお疲れ様でした。いやぁ、天気祭りサイコーでしたねぇ。CD-Rですかぁ、あの、転んでたシーン満載の?いやぁ、楽しみですねぇ。何から何までほんと有難うございました。また、是非!!

コメント遅くなりましたぁ!
先週の鳥海山ツアーは盛りだくさんで楽しかったのですね~(^ー^)
初日はかなりガスっていて、(ーー;)、、、どーなの、どーなのって感じでしたが、早くから「天気祭り」を開催した結果、夕方から晴れて、翌朝は快晴!とはいきませんでしたが、ベストコンディションといって良かったのではないでしょうかねん♪
がんとーアニキ&ペヤングさん、ガイドしてくださってホントにありがとございましたね。
またまたまたまた、ご一緒してくださいね~!

今回のツアーは、ホント、みなさんのおかげです。
特にGunアニキの豊富な経験がなければ、あそこまで満喫出来なかったと思います。
自分のツアー経験の中でも、ベストなツアーでしたよ。

私はラジオネタとチーズねりネタ、ネタオンリーですわ。
(NHK-AM第二放送平日20時からの音楽おもしろ辞典はチェゲーダ!)

もっさんの転倒シーン、再度見てみましたが、素敵です。
並べて見てみたい転倒シーンもあるのですが、それはまた今度。

それにしても、すっかりペヤングさんで固定されてしまいましたね(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69041/1506524

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥海山:

» 鳥海山 [山とスキー場.com]
鳥海山鳥海山(ちょうかいさん)とは、山形県と秋田県に跨る活火山であり、標高は2,236mである。郷土富士|出羽富士(でわふじ)、秋田県では秋田富士(あきたふじ)と呼ばれることもある。山頂付近は万年雪が存在すること、氷河の痕跡として特徴的なカール地形が存在することから、かつて氷河が形成されていたという...... [続きを読む]

« よみうり文化センター、トレッキングツアー | トップページ | 載せていただきましたっ »