2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 鳥海山続き… | トップページ | 雪倉岳 »

2006年5月 1日 (月)

至仏山

今年も行ってきましたよぅ!!1泊2日のテント泊サイコーでしたっ!今回のツアーはみきちー、みつるん、ワタクシ、そしてゲストのうるふぃーの計4人で行って参りましたぁぁ。

Dsc_0013 28日、午前10時に林道開通。幸運なことに1番ノリでした。

すぐに出発できるよう、パッキングして、ジャケット着て、スキーにシールつけて準備万端!

Dsc_0019 鳩待峠からの登り。

1時間弱登っていき、夏道と逆に右巻きしていくと、こんな景色。

昨年ほどではないけれど、ここ数年と比較すると、雪も豊富。

天気も快晴でココロも踊りマッス。

Dsc_0021 小至仏の手前。予想以上に気温が高かったのか?50L以上背負っているので、単純にバテたのか?

風の通るこの場所でしばし休憩ののち、再び歩き出す。

夏は左をまくんですが、風も強いので、雪も付いてないし、登りづらいんです。

なんで、この時期は右をトラバースしまーす。

Photo_4 至仏山、山頂。

隣の燧ヶ岳はもちろん、会津駒や平ガ岳、反対側の谷川岳もくっきりと見え、快晴です。

Dsc_0029 ピークから少し下り、ムジナ沢へ。今年も雪は付いてましたっ。

2年連続です。

ここ数年はダイレクトに滑り込めないので、かなり回り込むか、別ルートを滑り、登りなおすかしてたので、ラクチン。

でもねぇ、滑り出しはサンクラストしてて、硬かったなぁ・・・。

Dsc_0044_1 山の鼻に下りてきた図。

後方に滑ってきた

斜面が見えます。

湿原のツーリングもなかなか楽しい。

それにしてもみんなの顔が

にやけっぱなしだったなぁぁ・・・。

Dsc_0045 今日のキャンプサイト。

水も出るし、きれいなトイレもあり、快適そのもの。(たしか、2年前は水場が凍っていて、トイレの飲んではいけない水飲んでたなぁ・・・)去年までは29日のゴールデンウィークに入らないと山小屋が営業してなかったから、テント場の料金を取られなかったが、今年は支払いました。ちなみに一人800円なりぃ~。

Dsc_0046 テーブル作って、掘りゴタツっぽくして、食堂兼、寝床完了。

今回も鍋でした。柚子胡椒がかなり利いてましたな!みきちーナイスチョイス。

やっぱりこの季節はコレでしょ!で、今回も3回作っちゃいましたっ(荷物が重いわけだよ、ほんとにぃ)

Dsc_0048

翌日、朝5:00朝の散歩を終えてから、朝食の用意。

かなり換気をしたつもりではいましたが、テント内はやはり結露だらけ。なもんで、外でマット敷いて、ダラダラと。

夜はかなり冷え込んで、氷点下。でも風がまったくといっていいほど、なかったので良かった。

Dsc_0053 尾瀬ヶ原の日の出。

静寂だった

山全体から光とともに、

他の生命の営みが、

かすかに聞こえてくる・・・。

誰もが、ココロに洗礼を受けるトキ。

Dsc_0059 ピークから悪沢へ滑り込む、今回のメインルートにて。

今回のゲスト、うるふぃーの滑り。

ハッキリ言って、カッコイイです。

えっ、うるふぃーが?

いいえ、滑りがデス、ハイ。

Dsc_0042 ムジナ沢にて、みきちーの滑り。

こんな斜面硬くて滑れないわよっ、とプンプン怒っていたにも

かかわらず、滑ればコレ。

滑れんじゃ~ん。しかも、かなりうまいです。今回も60L背負ってます。

Dsc_0070_1 もう一丁、みきちー。

これは悪沢。

2日目で荷物をテント場に

デポしてあるから、

今度は飛ばしてます。

にょほほ~

Dsc_0063_1 みつるん

今回は、これがベストショット?

転倒して、パックのバックルを破損・・・。

しかしながら彼のガッツと体力には感服。

今日も赤坂あたりをチャリンコで爆走していることでしょう。

Photo_5 ワタクシ。

涸沢の上部からの滑り。雪がねっぱるぅぅ、なんて思っていたら

たちまち転倒してしまいました。

Dsc_0084 ロープワークの練習。

天気もいいし、折角だからと、斜面中腹の安定した斜面から、下降と登行の訓練!?

備えあれば憂いなしってことで、いざという時のため。

実際の場所でやると、緊張感もあっていいんですよ。

Photo_6 山の鼻から鳩待峠までの登り。

所々ではありましたが、水芭蕉が徐々に芽を出し始めておりました。

こういうところで“春”を感じますなぁ・・・。

ちなみに今回のツアー行程

鳩待峠・・・小至仏山・・・至仏山~ムジナ沢~山の鼻(泊)・・・至仏山~悪沢・・・涸沢上部~山の鼻・・・鳩待峠

・・・シール登行 ~滑走

« 鳥海山続き… | トップページ | 雪倉岳 »

コメント

どもっさんです♪みきちーたいちょです。
わたくし下山早々、風邪を引きました(××)
至仏山の後には鳥海山!と思っていましたが、
大人しく自宅療養中です(^^)
しかーしいやはや、至仏山えがったのぉ~~~!関東近郊のお山でこんなにナイスなお山に出会えるとは!!!といった感じです!!!
雪山はやっぱり北海道、東北じゃなくっちゃ♪なーんて思っていましたが、関東にも雪山名山はありますねぇ~。わたくしの認識を改める良い経験でしたぁ。早速、関東雪山名山集を作成したいものです。当然夏山もね。夏の尾瀬は「言わずもがな」ですよねん。
雪山もさることながら、ツキワノグマ(足跡)、ノウサギ、ハイイロチュウヒ?(たぶん)などの動物も観察できましたよー!残念ながらオコジョには出会えませんでしたぁ(T_T)
今回は重ーいザックを背負っての山行でしたが、至仏山は日帰りで十分楽しめるお山です。みなさまもゼシ☆!あ、安全装備と山頂までの2.5時間&鳩待峠までの0.5時間山歩きの体力もお忘れなくね!
もっちゃん、みつるん、そしてイケメン☆ウルフィー今回もありがとございましたー♪

みきちー隊長へ
そうですかぁぁ、風邪をね…。でも、さすがもう既に回復しているとは、感服いたします。それにしても至仏はいいねぇ、関東も捨てたモンじゃあ~りません。ツキノワグマの足跡も見れたし、願ったりかなったりザンス。また、来年もぜし!

ども、噂のうるでございます。
今回は良い山、良い雪、良い仲間に囲まれ最高の山行でした。振り返るとオレが一番荷物軽かった気がするんだけど?スンマセン。
あの日は間違いなく今シーズンの「THE DAY」でした。次回のマウント富士が楽しみですよ。
短いですがおいらもコメント書いてるので気が向いたら見てください。
http://www.hestra.jp/
コレからもよろしゅう。

うる

うるふぃーへ
いやぁ、至仏山サイコーでしたねっ!天候があそこまで良い日はなかなかないですよ。次回も是非、宜しくお願い致します。ちなみに先ほど、うるふぃーのコメント見せていただきましたっ。ワタクシもグローブ気になります、来年はへストラ買うよ~ん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69041/1634179

この記事へのトラックバック一覧です: 至仏山:

« 鳥海山続き… | トップページ | 雪倉岳 »