2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 自転車人 | トップページ | AZUMINO2DAYS4 »

2006年7月19日 (水)

クラブソル トレッキングツアー 妙高・火打山

15,16日とツアーのため、新潟は妙高・火打山に行ってきましたっ。お店を出発して、最寄の妙高高原インターまでは良い天気が続いていたものの、笹ヶ峰の登山口についた頃には雷雨を伴う雨・・・。ちょうど梅雨前線の狭間にいたようで、晴れたり、雨降ったりと大変な天候でした。

Photo_40 出発の図。

この週末は大変な混雑が予想させていましたが、

あいにくの雨模様の為、キャンセルが続出。

実際、上までいくと結構、人もまばらでよかったかも。

Photo_41 十二曲がりの手前。

歩き始めるとすぐに雷雨で何もかもがびしゃびしゃに。しかし、みなさんさすが、行動食(お菓子)を食べればすぐ元気になってしまいます・・・。もちろんいい意味ですよ。

Photo_42お昼の図。

十二曲がりでペースが落ちてしまった三浦さん(実は、前日まで熱があり、かなり病み上がり)の荷物をフロントパッキングし、急登し終えると一面雪渓に。

だんだんとペースも落ち、お腹も空いてきたので、黒沢岳のすぐ麓で一服。暖かい飲み物は人を落ち着かせてくれますねぇ・・・。

Photo_43 自衛隊の図。

雪渓を登っていると、なにやら“怪しい”軍団がぁ・・・。って自衛隊です。

隊長っぽい人に聞くと、やはり訓練だったみたい。予想以上の雨と雪に足元もおぼつかなく、疲れている様子でしたっ。ワタクシの知り合いにもレンジャー部隊の方がおりますが、いやぁご苦労様ですっ。

Photo_41火打・影火打・焼山(右から)の図。

黒沢岳をトラバースし、高谷池が見えてくる頃には、晴れ間も見えてきて、なんとも言えない光景が広がったのでしたぁ。いいねぇ、止められないねぇ。

Photo_44

キヌガサ草

高谷池周辺に群生していた、キヌガサ草。白馬岳で見るものよりはやや小振りでしたが、その存在感は群を抜いておりました。

雨交じりの天候だったものの、花はココロを躍らせてくれます。まぁ、みんな「花より団子」でしたけどねぇ。

Photo_45

高谷池の図。

完全予約制のこのヒュッテは市が運営しており、かつ火打までのアクセスが良いこともあり人気。我々も予約できなく他のヒュッテへ。(でも、実際はこの天候でキャンセルが相次ぎ、泊まる人を探してたそうです。しらなんだぁ)

Photo_43

桜。

ペースが落ちてきたことと、天候があまり優れないこととで、止むを得ず火打山の登頂はあきらめ、天狗の庭でUターン。しかし、まだ桜が満開なんて誰が予測したでしょうか。

Photo_46

黒沢池。

茶臼山を越え、黒沢池に下りる途中、またもやすばらしい景色が眼下に広がります。左に見えるのは三田原山。冬はココの斜面が気持ちいい。

Photo_42

晩飯の図。

ヘンテコ(失礼)な形をした黒沢池ヒュッテは食事も変わってます。特に朝食が変わっており、なんとクレープです。一度は味わってみてください。

Photo_44

こんなカタチ。

まだまだ雪渓が残っていて、ヒュッテの近くもこの通り。2日目、朝からの悪天候と足場の悪さ(過度な雪渓ゆえ、ピッケルもないときびしい状況)のため、妙高山を断念、小屋でロープワークの講習後、一路下山ルートに。

Photo_45

黒沢橋。

天候は一向に良くならず、下山を急ぐものの、途中の湿原地帯ではブユやアブが多く、何人も彼らの餌食に・・・。中には目の上下を刺され、大変な事に!湿地帯なので致し方ないですが 、これから行かれる方は気をつけて下さい。

参加された崎谷さん、釜石さん、三浦さん、佐藤さん、高野さん、太田さんお疲れ様でした。また、今回も植物先生として引率してくれたみきちーありがとうございました。

ちなみに8/4~6までの白馬鑓ヶ岳のツアーも若干名募集しています。参加をご希望の方はお早めにお願い致します。

« 自転車人 | トップページ | AZUMINO2DAYS4 »

コメント

いゃ~、我が故郷は如何でしたか?
笹ヶ峰は、気流の関係?で案外、天気良いんだけど、今回は梅雨前線直撃でしたね。
雷鳥にも会えなかったようで、残念!
とことろで、火打では、紫色の釣鐘型の植物、食べて見た?
おいしかったのにね… へっ、へっ、へ。

次回行く時は、早めに連絡頂戴。
笹寿司とおいすぃ~蕎麦屋、教えてあげるからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69041/2721078

この記事へのトラックバック一覧です: クラブソル トレッキングツアー 妙高・火打山:

« 自転車人 | トップページ | AZUMINO2DAYS4 »