2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« フライの雑誌 第74号 | トップページ | 八ヶ岳 »

2006年8月31日 (木)

よみうり文化センター春日部 トレッキングツアー 仙丈ヶ岳

Dsc_0008_1 8/26~27日と南アルプスは仙丈ヶ岳にいってきましたよ。

北沢峠の図。

数年前の南アルプス林道線の崩落により、広河原まで車の乗り入れが不可能になったため、芦安市営駐車場からバスに。片道1000円取られますが、自分で運転していくよりはよっぱどマシ。

ちなみに広河原-北沢峠間は750円(荷物料200円込)です。

Dsc_0010_2 苔天国。

歩き始めは樹林他の中を行きますが、

苔の幻想的な

トレイルが続きます。

緑に包まれる感じを

体感できますよん。

Dsc_0012_1

トリカブト。

猛毒で知られるトリカブト(ちなみに根に毒があるんです、フフフ)、

しかし、花は鮮やかな紫をまとい、

非常に綺麗ですよ。

(紫は位の高いカラーですからねぇ)

Dsc_0023_1 馬の背ヒュッテ。

今回泊まったのはこの山小屋。

とても広い山小屋とは言えませんが、寝室はとても暖かく

快適。

食事も満足いくことでしょう。

Dsc_0022_2 夕飯の図。

カレー三昧!

なんとカツカレー。ワタクシは2杯おかわり+みんなの残り。

お腹がパンパンで

しばらく動けませんでした。

Dsc_0014_3 タカネナデシコ。

名前だけで、世の男たちをうっとりさせる花。勝手に想像してしまいます。

Dsc_0019_2 ミヤマコゴメグサ。

肩を寄せ合うように、

集団で咲き乱れてました。

小さな花ですが、

見てると引き込まれそうな

魅力です。

Dsc_0031_1 仙丈小屋。

右手に見えるのが、風力発電を支える風車?さらに屋根にはソーラーパネルまで、設置されてました。最近の山小屋は凄いですな。

Cimg3862

恒例の風景。

「あっ、きれいっ」となれば、皆すぐさまポケットからデジカメを出し、撮影。

ツアー後半には、誰のカメラかはっきり認識できるようになるばかりか、使い方までマスターしてしまいます。

Dsc_0038_2 虹の図。

後方からの朝日により、虹が形成。

自分たちを中心に円を描くように、

現れました。

ブロッケン現象でもないのに、

なぜかみんな手を振ってましたよ。

Cimg3874

お花チーム?

他のグループに言われたので、勝手に使用。(お花があると写真を撮ったり、みきちー先生のお話を聞いたりして、すぐにみな立ち止まるところから、頂いているのでしょう)

ちなみに花の命は短いです。深い意味はありませんが・・・(笑)

Dsc_00451 山頂の図

3033mの展望はまさに絶景なり。

雲に覆われ、

視界にも限りがありましたが、

ココロは晴れ渡っていたことでしょう。

なんだか、いい顔してますねぇ。

Dsc_0055_1 仙丈から小仙丈へ。

ほぼ快適なトレイルを移動しますが、たまにはこんなところも。

いいですな、

左のガスが上がってきているとこなんか。

うーん、す・て・き。

Dsc_0051_2 北岳は何処?

斜面右手がガスでまったく見えません。

こちらの方向に北岳(富士山に次ぐ第二位の山)

が見えるはずだったんですが・・・。

まぁ、こんなもんですよ。晴れてるんだからマシよ、マシ。

Dsc_0058_2 甲斐駒が岳??

地図の方角と、その全容!と撮りたかったんですが、

現実は難しい・・・。

来月はあちらに行きます。晴れてくれれば、白い岩肌がむき出しの全容が拝めるはず。

Dsc_0059_1

小仙丈ヶ岳。

やや狭い頂上でしたが、団体さんが多く、人だらけ。

Dsc_0061_1

最後の下り。

だんだんと下りるにしたがって、

ガスが晴れて木漏れ日ガが差しように。

深い森の息吹が感じられます。

今度は月がきれいな時にナイトトレッキングでもしてみようっと。

Dsc_0063_2

北沢峠。

11:00前には北沢峠に到着。12:55分発のバスに乗る予定でしたが、11:05発の臨時便に乗車。余裕があるっていいですね。

Cimg3903

至福のとき。

この満面の笑みをとくとご覧あれ。

ビールは人を幸せに

してくれるんですねぇ。

わたくしも一気に飲み干しましたが・・・。

Cimg3908

広河原から乗り合いタクシー。

バスより100円高い、

1100円で乗車できる乗り合いタクシー。

Cimg3907

お手拭とジュースがついてきます。

しかし、運転が少々手荒なので、滅多に酔わない私も

ぐったりでした。

Cimg3909

クライマー。

芦安に着くとすぐに温泉へ。

って施設に隣接してこんなかわいいウォールも。

ただ張り付いているだけに見えますが・・・。コメントは控えさせていただきます。

Cimg3911

金山沢温泉。

意外に空いてますよぅ。

一人550円なりぃ。

今回ご参加された、釜石さん、三浦さん、崎谷さん、高橋さん、東さん、中島さん、そして引率を引き受けてくれた植物先生のみきちー、みなさんお疲れ様でした。行きはかなりの渋滞に巻き込まれてしまいましたが、みなさん変わらずの対応の程、ありがとうございました。また、宜しくお願い致します。

今回の行程

北沢峠・・・大平山荘・・・馬の背ヒュッテ(泊)・・・仙丈小屋・・・仙丈ヶ岳・・・小仙丈ヶ岳・・・五合目・・・二合目・・・北沢峠

      

« フライの雑誌 第74号 | トップページ | 八ヶ岳 »

コメント

北岳。
4年前に登りました。
穏やかな足取りでしたが、
最後の最後のあのハシゴ、

結構きつかったな~、
仕事明けて徹夜あけで登ったから・・・

でも、富士山はきれいかったな~。

八本歯のコルを登ったんですな。
徹夜明けはきついですよ。さすがに。
わたしも今から明日のレース会場まで深夜ドライブし、ほぼ仮眠なしでレースに突入です。仕事が立て込んでるとさすがにツライですね。分かります。うんうん。

はじめまして

仙丈ヶ岳に行こうと思って情報を集めて検索して、こちらに伺いました。

天気に恵まれたようですね。

トラックバックさせていただきますね。

雪山でミルクティさま

大した情報ではありませんが、ご活用くださいませhappy01

ではでは

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69041/3245171

この記事へのトラックバック一覧です: よみうり文化センター春日部 トレッキングツアー 仙丈ヶ岳:

« フライの雑誌 第74号 | トップページ | 八ヶ岳 »