2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« よみうり文化センター春日部 トレッキングツアー 甲斐駒ヶ岳 | トップページ | ラフティング講習の巻 »

2006年9月22日 (金)

コンパス・ミーティング

19日にハセツネのコース内でもある、金毘羅山付近でオリエンテーリングをしにいってきましたよん。9/30~10/1にかけて行われる「里山アドベンチャー2006」への練習として、普段コンパスが使えないという“まゆちゃん”と今回がすべて初めてという“まさにゃん”をシゴクべく、開催したのでしたぁ。

Photo_70 出発の図。(右から、まゆちゃん、まさにゃん、シバタさん、ワタクシ、みつるん、みきちー)

今回は当日まゆちゃんとチームを組む「男山」のシバタさんと一緒での練習となりました。シバタさんは体力もさることながら、地図読みにかけてもエキスパートの域(MTB-Oの日本代表)。かなり助かりましたぁ・・・。

Photo_71 こんな感じ。

コースは、昨年のとれとれ(トレール・トレース=MTBのオリエンテーリングレース)のコースを参照し、若干変化をつけたもの。はじめに我々がCP1~CP4までを先に設置しに行き、残ったまゆちゃんとまさにゃんがシバタさんの指導の下、各CPを取ってくる仕組み。(ちなみにこの変わったコンパスはスント製です。メーカーに在庫がないようで他のお店で衝動買いしてしまいましたっ。カッコイイッ)

Photo_72

人ん家。

始めは人家などの間を抜け、トレールをひたすら歩きます。

とまぁ、ここまでは良かったのですが・・・。

Photo_73 CP1付近。

トレース通りに進むものの、藪だらけ。それもそのはず、このとれとれのコースは冬に実施したもの、今は秋になったとはいえまだまだ藪は濃い。

止むを得ず、尾根を直登したのですが、ピーク付近はさらにイバラも出てきて、なめきって短パンでいた我々の足はキズだらけ・・・。この先が思いやられるぅぅ。

Photo_74 やっとのことで。

藪は多かったものの、CP2~CP4にかけては藪も少なく、快適に設置し、金毘羅山近くのコース上へ。ハセツネのコースでもあるので、すでに試走した足跡もチラホラ・・・。アホな人は結構いるんですねぇ。

Photo_75 CP4、金毘羅神社にて。

休憩する我々。さきに頂いた(キョーちゃんに)「おやつセット」を頬張り、ご満悦。左に見えるのはトランシーバー。もしものためにと、シバタさんと連絡を取り合いながら、安全を確保。うーん、素晴らしい!

4 2時間後。

なかなか来ないので、心配してましたが、無事到~着。元気そうで何よりですな。

Photo_77 真剣な二人。

しばし、休憩を挟み、今度はシバタさんがCP設置に。今回は時間を空けて、一人ずつCPを取りにいきます。なんで、二人とも真剣。我々は後からついていき、どうしようもなくなったら救助する手はず。

Photo_78 キーンブラザー。

広がる景色を前に、華麗に足をあげる我々。

ステキです。

Photo_79 ↑(矢印)。

木の切り株がちょうどこんな形に・・・。

ちなみにこの方向に行くとロストしてしまいます。

つまり、ヤラセです。

悪しからず。

Photo_80 蚊がぁぁ。

CP2’でまゆちゃんとまさにゃんに見つかってしまったので、やり過ごすためピークで待つことに。

しかし、短パン二人組みは蚊にとって格好の餌食。

痒い、痒いっ。

Photo_81 乾杯。

とまぁ、何はともあれみんな無事に帰ることができて、良かった良かった。しかし、この後が大変でした。というのも汗だくの身体をキレイに温泉に向かったのですが、どこに行っても定休日(この辺は火曜日が定休らしい)で、車をぐるぐると2時間走らせ、5件目にしてようやく青梅で風呂に。すでにペコペコの腹をとんかつで満たしてきましたぁ・・・。(手前二人は車のため、ノンアルコールビールでね)

みんなぁ、お疲れ様。

« よみうり文化センター春日部 トレッキングツアー 甲斐駒ヶ岳 | トップページ | ラフティング講習の巻 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69041/3540635

この記事へのトラックバック一覧です: コンパス・ミーティング:

« よみうり文化センター春日部 トレッキングツアー 甲斐駒ヶ岳 | トップページ | ラフティング講習の巻 »