2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ラフティング講習の巻 | トップページ | 里山続き… »

2006年10月13日 (金)

里山アドベンチャー2006

ちょっと更新が遅れてしまいましたが、9/30~10/1まで水上で開催された里山アドベンチャー2006に参戦してきましたぁ。

Photo_121 前日、28日金曜日の20:00~22:00までが受付のため、

夕方には現地入りし、早くもテントで一杯交わしておりました。

といっても、レースの準備に追われ

あまり寝れなかったのが実情でしたが・・・。

Photo_122 30日朝の図。

いつものテントで過ごした後、朝のブリーフィング(レースの説明会みたいなもの)に向けとりあえず、頑張って起きた・・・。

Photo_123 1日目の装備でやんす。

ちなみにこれはみきちー装備。食べ物が多いですねぇ(笑)

といっても、これからの行程を考えるとコレくらいが妥当です。

Photo_124 レグ1:ラン。

スタートしまずはラン。しかしこれがいきなりの難問。CP自体はそれほど難しくはないのですが、落石が多く足場も悪いため、かなり危険。実際、一人30m滑落し、大怪我をされ、ヘリで救助されていました。我々も危うくスイカくらいの落石に当たるところでしたぁ・・・。

10 CP9からCP10へ。

CP2までのランを終え、CP5までがMTB。そしてレグ3になるCP13までのトレッキングが今回のレースの山場。ナビゲーションが難しい上、距離も長くなるべく明るいうちに通過したいセクション。

我々はなんとかミスなく進んで、核心部のCP10~CP11に向かうのであ~ります。ちなみにレグ1では8位。レグ2のMTBで7位でした。

10_1 CP10にて。

藪の中を進むこと数時間。やっとCP10に。しかし、これからがもっと藪なので大変。行動食を口に入れ、コンパスを確認し、次へ向かうのであ~る。

11 CP11にて。

濃い藪をやっと抜けるとCP11の電波塔へ。ここは有人(スタッフがいるってこと)ポイントなので、写真を撮ってもらいました。前のチームにだいぶ追いついてきたのに、こんなことしてたんですねぇ。

Photo_125 尼ヶ禿山山頂。

CP11を過ぎると、トレールがあるので、快調にランで飛ばす。で途中ピークが唯一あるのがココ。下に見えるのは玉原湖ですよ~ん。

13

CP12付近。

ココも有人ポイントだったからなのか、やたら元気な表情を見せています。実は足の豆が剥けて、結構痛かったんですよね、コレが・・・。

Photo_126

CP14カヌー。

CP13までトレッキングをし、ここまでは移動としてMTBセクション。用意していたリネンバック2(カヌー関連装備が入っているバック)を取り出し、ウェットに着替えて、いざ出陣っ。ってみきちーは背が低いので我々2人で運びましたぁ。なんでみきちーはカメラマンってことで。ちなみに運がいいのか、CP14に到達した地点ではなんと3位に。ただ3位争いに3チームが混戦していたので、気が気ではありましぇーん。

21

CP21にて。

カヌーセクションを終えるとなんとトップチームが(我々が次に行くMTBセクションを終えて)帰ってきており、早さを見せ付けられてしまいました。トップ2チームは明るいうちに帰ってきてましたが、我々が向かうころには既に夜。日中とはかなりちがう夜のスキー場をMTBを担ぎ直登。他の2チームは登山道を巻いて、登っておりましたが・・・。

Photo_127

CP24、MTB終了&1日目終了。重鎮(写真のおじさま)カフェにて。

CP24に戻ってきたのはトップと2時間40分遅れの21:00くらい。体力的には他の2チームに劣る我々はいつ追いついてくるのか心配で、必死でCPを目指したんですが、結果スキー場を直登した我々の選択が功を奏し、3位で通過。しかも4位に1時間30分差としたのでした。(巻き道の登山道が実は道がついておらず、MTBを担いだまま藪こぎしたそうな・・・、ツ・ラ・イねぇ)

29

CP29。

2日目は7:30スタートで2チームずつ上位から組んでいきます。次のラフティングセクションで一緒に下るため、はじめからランで行動を共にします。

ラフティングセクションではフェリーグライド(流れを横切ること)をしたり、スラロームを通過したり、さらにはマーライオンと呼ばれる8Mの岩からダイブしたりとかなり、テクニカルなセクションでした。で、そのまま2チームはそれぞれ最後のキャニオニングセクションに向けて、ウェットを着たまま(脱いでもいいんですけどね)トレッキングセクションへ。

30

CP30。

着たままでもなんとかなるだろう走りましたが、暑い暑い。

ぶっ倒れそいになりましたよ、ほんと。

みきちーは元気そうでしたけどねぇ。

Photo_129

閉会式。

で、キャニオニングセクションで懸垂下降し、そのまま川をウォータースラーダーで流され、ゴール。トータル18時間50分05秒で3位に!!(スラロームを2本外したんで20分ペナルティでしたが)そしてアフロも忘れずに・・・。

Photo_128

一応・・・。

アップで撮ってみました。アフロオールスターズ、バンザ~イ。

それにしても上位2チームは早かったぁ。1位、2位の差がなんと44秒。まれに見る接戦だったんじゃないでしょうか。我々は約4時間遅れ・・・。すごいのひと言です。レースのリザルト、及びGPSトラッキング(レース中のみんなの動きが分かります)も是非御覧下さい。ちなみに我々はNO.19です。

Photo_130

BBQ。

あいにく雨になってしまいましたが、主催者側の計らいで、BBQに。

左からアドベンチャーレース界のアイドル、ココペリの“リエちゃん”細いのにほんと強いです。で、真ん中はぶっつけの“ちゃーくん”。ゲスなことにかけては天下一品。最後に我らがみきちー。たくましいのひと言を差し上げましょう。

参加されたみなさん&主催者のみなさん、お疲れ様でした。

 

« ラフティング講習の巻 | トップページ | 里山続き… »