2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« スペイキャスティング | トップページ | サケ釣りの巻き »

2006年10月24日 (火)

谷川岳トレラン紅葉ツアー

いやぁ、紅葉の季節ですねっ。ということで先週、平標山~谷川岳までトレランしに行ってきました。

Photo_89 出発の図。

まずは出陣ということで、セルフタイマーにて撮影。午前9時を廻ったところでしたが、やはり寒さを感じる気温。なのに両側二人は半袖&短パンです。

Photo_137 松手山から平標山。

ココまで登ると紅葉が広がりを見せてくれます。ちなみにここであった方に、「どこまで行くの?」と聞かれ、「肩の小屋です」といったら、「はぁ?」といわれ酷く睨まれてしまいました・・・。そうなんです。今回の我々の行程は元橋~肩の小屋までの約11時間のコースタイムのところを6時間~7時間で行こうとしているのですからぁぁぁ。という経緯があり、しかも半袖&短パンでニコニコしてたら、そりゃオカシイと思うでしょ。

Photo_91

平標山山頂。

この日は非常に風が強く、少し休むと寒さを覚えるほど・・・。そして、ワタクシの額もがんがんオールバックなのでした。 うーん、髪なくなってきた?

Photo_92 仙ノ倉山山頂。

平標から仙ノ倉まではそれほど距離はないので、日帰りの方もチラホラ。で、ついでに写真をぱちりとしていただきました。しかし、ここでは頑張ってねと励ましのお言葉を頂きましたぁ。

Photo_93 ほうらの図。

写真左の上部、わずかに靄がかかったあたり、あれが今日中にたどり着かねばならない場所です。この辺でまずいことしたかなと不安がよぎったのでありました。

Photo_138 エビス大黒ノ頭付近。

仙ノ倉を過ぎるとまったく人に会わなくなってしまいましたが、素晴らしい景色は独占状態。多少の岩場を通過し、風裏で、小休止なのです。

Photo_139 越路避難小屋。

ここまでなんとか順調にきて、2つ目の避難小屋であるココで、大休憩。

一人荷物をたくさん持ってきたみきちーはお湯を沸かし、コーンスープを飲み、しばしご満悦の様子。それにしてもシェルター的な小屋の中は暖かく、過ごしやすさを想像させてくれます。次回はココでと誓い、次へと急ぐのでした。

Photo_140 ガスの中で。

万太郎が近づくとみつるんが足の痛みを訴える。それもそのはず、先週のハセツネで無理をしたため、足の靭帯を痛めており、無理は禁物。

ということで急遽みきちーの持ってきてたストックを借り、スローペースで 大障子避難小屋を通過し、こんな風景に。夕刻が近づき幻想的な風景は我々を勇気付けます。

2500

あと、2500mだって。

平標からずっとあった変な標識。

平標では肩の小屋まであと10500mと書いてあり、愕然としましたが、

あと2500mなら屁の河童でやんす。なんてね。

Photo_95 オジカ避難小屋。

オジカ沢ノ頭、手前に位置するココは雨漏りがしていて、いまいち。

なんでこんばポーズに。すてきでしょ・・・。

Photo_141 後光が・・・。

ガスの中を、歩いているとちょうど後から光が入ってきて、

ブロッケン現象が。

ワタシの周りに、後光が差しているかのようです。

Photo_96 肩の小屋にて。

結局、小屋に着いたのは16:20くらいで、約7時間強のタイムでしたっ。それよりも小屋の手前の中ゴー尾根で迷ってしまっている男女6人のパーティにあったんですが、みな簡素な地図しか持たず、コンパスもなく、ヘッドライトも持ってなかったみたい。地図を一部あげて、山小屋に戻り、ヘッドライトを借りて無事、下山できたようですが、気をつけないと危ないですねぇ。

Photo_97 晩飯。

紅葉の時期なので、小屋も満杯かと思いきや、この日宿泊した人は我々3人を入れても5人だけ。平日という事もあるでしょうが、皆さん天神平までロープウェーで登って、山頂まで往復する日帰りの方が多いらしく、意外に空いてるとのこと。しかし、ご飯食べ放題で、食事もうまかったぁ。

Photo_143 朝。

6時まえに起床し、日の出を撮ろうと思っていたのですが、熟睡しすぎでギリギリ。

Photo_142 アモーラの鐘?

翌日も朝からの快晴。

昨日走ってきたルートがきれいに見えます。

Photo_98 トマの耳。

小屋から山頂まではわずか1,2分。山には我々しかいないので、

セルフタイマーで撮ってみました。

Photo_99 熊穴沢ノ頭避難小屋。

2年前の「里山アドベンチャー」でのチャックポイントでしたぁ。

中はかなり快適な空間です。

Photo_146 田尻沢へ。

この日は大事をとって、そのまま土合に下り、電車とバスを乗り継ぎ、

平標登山口に戻ることに。

だんだんと下るにつれて、紅葉も増してきます。

Photo_100 コマちゃん。(左上)

山小屋のご主人に聞いたところ、「下の登山センターにいるよぅ」と聞いたので、ちょっと寄ってみました。コマちゃんこと駒井研二さんはアドベンチャーレース界では有名人。チーム・イーストウィンドで活躍するスーパーアスリートです。しかしながら、その温和な人柄に惹かれる人も多いんです。お仕事中、ありがとうございました。

Photo_147 土合駅。

電車って結構いっぱい走っているのと思いきや、

一日になんと5本。駅員さんはもちろんいないし、切符売り場も

ありましぇ~ん。

Photo_148 下り線は・・・。

地下に伸びる階段をおよそ500段あまり下りたところにあります。

初めて降りましたが、渋すぎるというか、怖いというか・・・。

Photo_101 お帰りの図。

電車賃400円、バスの運賃580円で、無事登山口の駐車場に

戻ってきました。いやぁ、気持ちよかったぁ!

« スペイキャスティング | トップページ | サケ釣りの巻き »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69041/3942321

この記事へのトラックバック一覧です: 谷川岳トレラン紅葉ツアー:

« スペイキャスティング | トップページ | サケ釣りの巻き »