2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« バッキーズ ミーティング | トップページ | 平標山 »

2007年3月21日 (水)

妙高・三田原山

先週17、18日と妙高に行ってきました。アドベンチャーレース界の方々と一緒に三田原山を滑ってきました。

メンバーはK1roさん、重鎮、りえちゃん、まりさん、ミツルさん、ユウコさん、しょうじさん、ゆうきさん、おださん、みきちー、みつるんの大人数。今回はりえちゃんの実家でもある黒姫のBUDDY HOUSEにて宿泊(すてきな宿でございましたぁ)させていただきましたぁ。

Dsc_00080001 三田原までの登り。

山スキー1人、ボーダー1人であとはすべてテレマーカーの今回・・・。

ある意味凄いかも。

しかし、ボーダーのまりさんがいたおかげで助かった・・・。

(あとでお話しますよ)

Dsc_00110001 アイドルりえちゃん。

スキー場から約2半時間で妙高山を望む外輪に取り付く。

ガスがかかっていたものの、視界は時折このようにひらけることもあったのでした。で、ポーズを決めているのはレース界のアイドルりえちゃんです。(バックカントリーが初でしかもテレマークなのに、ちゃんとこなしてました。スゴイのひと言です)

Dsc_00190001 三田原からの滑走の巻き

斜面はクラスト層の上にうっすらパウダーがのっている感じ。

一応、スノーピットを掘るものの、クラスト状の上の層と下の弱層がやや心配でしたが、危険はあまりないということで、少し吹き黙っている斜面にドンドン滑って行くのでした。

写真はk1roさん。さすがに滑りもばちぐんです!

Dsc_00250001 ゆうきさん。

MTB用ヘルメットが印象的でした。

Dsc_00320001

しょうじさん。

Dsc_00280001  おださん。

Dsc_00420001

みきちー。

Dsc_00220001_1 まりさん。

Dsc_00450001

重鎮。 

Dsc_00740001

事故。

1600mを下ったあたりから、マッシュなど無数にあるアイテムを飛んだりしながら下りていたら、オダさんが転倒し、動かない状態に・・・。動けないとのことから、ソリを作り下山することになったのですが、さすがにアドベンチャーレース界の方々。迅速に対応し、スリングやザイルで固定し、ソリの変わりに唯一ボーダーであるまりさんの板に乗せ、シャベルで患部を固定し、ザックを背負わせ下山。時間にしてどのくらいだったかは分らないけど、汗びしょびしょ状態でスキー場まで運ぶことに。

先に行ってもらっていた仲間にはパトロール、警察、消防などに連絡をしてもらい、無事下山。

Dsc_00850001 結局。

病院に運ばれ、診断結果を聞くと右足首骨折・・・。

しかしながら、あの状況を考えると、

無事に下山できて良かったのひと言に尽きる。

足以外は元気そうで何よりでした。

山では常に何がおきるか分からないものです。私自身、さらに気を引き締められた感じでした。装備はもちろん技術等もっと熟知しないとですね。

« バッキーズ ミーティング | トップページ | 平標山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69041/5803836

この記事へのトラックバック一覧です: 妙高・三田原山:

« バッキーズ ミーティング | トップページ | 平標山 »