2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« よみうり文化センター春日部 トレッキングツアー 伊豆ヶ岳 | トップページ | 富山から鬼怒川へ »

2007年4月29日 (日)

立山

25,26日と北アルプスは立山に行ってきました。

いろいろ遊びまわっているワタクシですが、立山は初めてなんです。というのもお金がかかるイメージがあり、足が遠のいていたんですね。扇沢からも行くだけで疲れるし、富山は遠いし・・・。でも、ETCのおかげで安く、富山からなら移動が楽ということで、念願の立山に!

Dsc_00020002 うるちゃんとみつるん。

遊び仲間でもあるのうるちゃん(ホグロフス)、みつるん(スタッフ)とで立山駅で。

前日からほぼ寝ないでのドライブですでに真っ白になりそうなうるちゃんとワタクシ。みつるんはいつもどおり、スヤスヤと寝ており、気づいた時には立山。そんなあなたが羨ましい。

Dsc_00030003 ケーブルカー。

これで美女平までおよそ7分。それからバスで室堂まで向かいます。

Dsc_00050004 室堂から、雷鳥沢のキャンプ場へ。

登ったり、下ったりして、雷鳥荘の辺りから、キャンプ指定地に滑り込むとここに。あいにくの天候の為、早々にテントを設営して休むのでした。ちなみに、ほぼ寝てない我々(みつるんを除く)はシャベルで掘っている間も幾度と無く記憶が飛びそうになってました。

Dsc_00070005 天候も回復しなそうなので・・・。

少し寝ようということで、しばし就寝。

で、十分寝ているはずのみつるんも寝てました。

雪の上にマットを敷いて、寝ていたのですが、入り口のジッパーがちゃんと閉まっておらず、何回か寒くて起きましたけどね。

Dsc_00090006 15:00を過ぎても。

天候は回復しないので、雷鳥沢ヒュッテにて温泉を堪能し、冷えないうちにテントにて、夕食。

今回もやはり鍋。締めは「よもぎうどん」で満喫するのでした。もちろん麦酒も堪能しましたよ。

ちなみに、うるちゃん行動食等をすべて車に忘れてしまった為、今回は仲良く3人で分けることに。そして隣りの方からも貰ってました。(となりはうるちゃんの同僚の方でした)

Dsc_00130008 2日目。

天気予報によるとこの日は晴れるとのことでしたが、朝から風も雪も強く、とてもツアーにはいける状況では・・・。

前日はまだテントサイトに7,8張りテントがあったのですが、この日はすでに我々を含め、わずか2張り。

みんな帰ってしまったようです。

Dscn0523 やれやれの図。

そんなわけで、テントを撤収。一路、帰ることに・・・。

まぁ、こんなこともありますわな。

Dsc_00270012 帰るの図。

室堂までは僅か1時間くらいなのに、これほど遠いと思ったことか!

尾根上はひどい突風で、立っていることもままならなく、ときどきホフク全身で・・・。みつるんは風上から流れてくる有毒ガスを吸いすぎたのか、途中で具合が悪くなり、大幅に遅れることに。それでも何とか2時間かけて室堂に。アイゼン、ピッケルもって来ててよかったぁ!

Dsc_00260011 鳥。

尾根上に鳥が凍って死んでました。冬山の厳しさを垣間見た瞬間でもありましたねぇ。

Dsc_00180009 唯一の景色。

数十秒だったでしょうか、少し賽の河原から向こうが見えました。

次回はもっといい天気に巡りあえますようにと、願ったことを思い出します。

Dsc_00010001_1 番外編。

行きのお話。うるちゃんが迎えに来てくれたのですが、その際、みつるんが車の給油キャップがなくなっていることに気づき、一同仰天。調べた結果、給油した時にスタンドの人が付け忘れたとのこと。

変えのキャップが売っているはずもなく、燃料を少なめにして、タオルを突っ込んで走行。しばらくいってスタンドでまた給油しているところで、一応余ったキャップなんて・・・と聞いたところ、ちょうど同じキャップが忘れ物であったため頂戴することに。最近セルフのスタンドではこういった忘れ物があるそうで、今回は助かりましたが、スタンドの定員が忘れちゃうなんてねぇ。

今回の参加者

ワタクシ、うるちゃん、みつるん。

« よみうり文化センター春日部 トレッキングツアー 伊豆ヶ岳 | トップページ | 富山から鬼怒川へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69041/6248673

この記事へのトラックバック一覧です: 立山:

« よみうり文化センター春日部 トレッキングツアー 伊豆ヶ岳 | トップページ | 富山から鬼怒川へ »