2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« なんとかなりました | トップページ | 明日から・・・ »

2007年6月23日 (土)

よみうり文化センター春日部 トレッキングツアー 甲武信岳

16,17日と甲武信岳に行ってまいりました。

Dscn2402 当日は既に梅雨入りしていたにもかかわらず、素晴らしい晴天に恵まれました。しかも湿度も低く、展望もピカイチ!真冬に眺めるような視界の良さでした。

Dscn2404_1 千曲川源流。

で、今回は毛木平(もうきだいら)から沢沿いのルートをとりました。

個人的には千曲川の水源が見たかったんですねぇ。ちろちろと湧き出ているところになんだかちょいとロマンを感じました。

自分からロマンなんてぇ言葉が出てくるとは思いませんでしたが、ロマンなんですよコレが・・・。

Dscn2406 トレーニングの図?

沢筋から尾根に取り付くのに最後の急登を登っていたところ、一人足が攣ってしまったようで、マッサージやら水分補給やらをしても何度か攣ってしまい、(寝不足も祟っていたみたいです)どうにも動けなくなってしまいまして・・・。ならば、ってことで、一人背負う事に。幸いスリムな方でしたのでさほど大変ではありませんでしたが、自分も足のケガが完治してなかったもので、少し堪えました。しかしながら、こんな経験なかなかできるものではありません。山頂下までの正味1時間くらいだったでしょうか?(山頂までは足場が悪い事から、担ぎませんでしたが)、いい勉強させてもらいました。皆さん荷物の分散などいろいろありがとうございます。

Dscn2417 山頂の図。

で、無事に登頂し、みんなでパチリッ。360℃のパノラマは久々!しかもこの澄み切った空にはウン、ウンと頷くだけ。

Dscn2431 甲武信小屋にて。

山頂から少し下がったコルにあるこの小屋は、かなりボロい印象を受けるものの、人の温かさがにじみ出ていて、どこか懐かしさを感じる小屋でした。ちなみに左から2人目が小屋のご主人で、左上にいらっしゃるのが背後霊の方です。(ウソウソ、従業員の方です。ご自分でおっしゃっていたのでつい・・・)

Dscn2453 絵心に一枚。

富士山ってやはり良いものですねぇ。

まだまだ滑れるなぁぁぁ。

って思うのはワタクシだけでしょうか?

ハハハ。

Dscn2459 十文字峠まで。

十文字峠まではアップダウンを繰り返し徐々に高度を

下げていきます。北斜面に入るとこんな苔むすトレイルへ。

空気の濃い、森の中に吸い込まれそうです。

Dscn2463 シャクナゲ。

大山を越えると徐々にシャクナゲが目立つようになり、

十文字峠では満開に。緑の中にあってか素晴らしく映える花です。ちなみに十文字小屋周辺にも「乙女の里」と呼ばれるシャクナゲ群がありますよ。

Dscn2479 五里観音を過ぎて。

最後の橋を渡るところで一枚。

ちょっとアンダー気味で撮ってみたんですが、イイです。この濃さがイイッ。自己満足ってこういうことですね。

Stitched_001_1 パノラマの図。

遠くの山々までこのとおり!いやぁ、ほんと久々ですねこんな天気。

今回の参加者、大賀さん、釜石さん、崎谷さん、東さん、町田さん、三浦さん(カナ順)

みなさん、お疲れ様でしたぁ。

*今回の写真はすべて釜石さんにお借りしました。ありがとうございます。

« なんとかなりました | トップページ | 明日から・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69041/6854281

この記事へのトラックバック一覧です: よみうり文化センター春日部 トレッキングツアー 甲武信岳:

« なんとかなりました | トップページ | 明日から・・・ »