2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 明日から・・・ | トップページ | フライフィッシャー 9月号 »

2007年7月17日 (火)

ヘンリーズフォーク

Dsc_00030001遅くなってしまいすみません・・・、帰宅してから仕事の嵐と久々の時差ボケでして・・・。

というわけで、先週までアメリカはアイダホ、モンタナを釣り歩いてきましたぁ。アメリカ自体は4年ぶりくらいでしょうか?いやぁ、久々の海外は楽しかったですよ。

で、初日の宿が取れてないとのことでしたが、まったくもってその通り!!数日前から現地入りしていた見代さん(バンブーロッドビルダーにして凄腕のフライフィッシャー)に迎えに来てもらったものの、結局夜な夜な車で、モンタナからアイダホのラストチャンス付近までドライブし、そのまま車で就寝。エマージェンシーシートを身体に巻きつけ朝まで・・・。さすがに朝は冷えましたが、この辺は慣れているので、なんとか。

Dsc_00050002 グランドティトン。(イエローストーン国立公園に隣接する、ロッキーきってのマウンテンレンジ)

「遠くに見えますのがぁ~」グランドティトン山郡でございます。夏もいいですけど、冬は是非とも滑ってみたいですなぁ。

Dsc_00100003 ボーンフィッシュフラット。

日本のように岸際の河原にそっとという感じでは撮影できなく、手持ちでこんな感じで・・・。

18.5インチ。連日の異常気象ゆえ日中は40度近くまで気温が上がり。ハッチも通常よりも早くグリーンドレイクも3匹くらいしか目撃しなかったし、PMDもまばら。かろうじてフラブが夕方にハッチするものの、日中に吹き荒れる風で全体的にはいまいちな状況でした。

Dsc_00820001

20インチクラブ。(20インチを釣ると貰える。トラウトハンターで貰っちゃいましたっ)ありがとうリック、ミノリさん。

で、ヘンリーズフォークでは結局、20インチを越えるようなサイズは1つのみで、20インチジャスト。何匹か(4つほどじゃぁないでしょうか)かけましたが取れたのは結局これだけ・・・。

実はこの20インチ、やり取りしているときに、アクシデントがありまして・・・。

やり取りしているときに、ふっとロッドが軽くなってしまい、「バレたっ」と目をリールの方へやると、フライラインがなくなってたんですよ。ん?ん??ん!!!つまり、バッキングラインとフライラインが外れてしまって(巻きすぎていたのかも)フライラインごと下流に突っ走って行ってしまったのです。魚がまだ付いていると確信したワタシはロッドを岸に投げ、腰まで水に浸かったままにもかかわらず、全速力でラインを追いかけ、手釣りでゲットしたのでしたぁ!!ハァ、ハァ、疲れた、書くのが・・・。

Dsc_00170006

ラストチャンス駐車場の風景。

これが我々の車。真ん中にクーラーボックス(5ドルくらい)をおいて左右に荷物をこれでもかと詰め込んでいます。

ちなみにこのままベンチまであるいて飯を食いに行くことも・・・。

まぁ、治安がいいんですよココは。ハハハ。

Dsc_00120004

21:30の空。

遠くにあった山々と佇んでいる足元がだんだんと紫色に変わっていく。しばらく、眺めていていたい時間です。

Dsc_00190007

行きつけの雑貨屋。

お店の看板がGRUB STAKE MARKETからMOUNTAIN MARKETに変わっていましたが、おじさんの陽気さには変わりはなかったです。

ほぼ毎朝、サンドイッチ(結構、種類も多くておいしいですよ)を注文して、りんごやオレンジなど食料を調達しては釣りに行くという習慣に。毎日顔を出すので知らぬうちに常連の雰囲気に。明日日本に帰るよと伝えると、ステッカーやら何やらといろいろ貰ってしまい、来年も来いよーと言われる始末。来年も行きたいですなぁ。

Dsc_00860002

そのおじさん。

帰国後、昔の雑誌をペラペラとめくっていたらそのおじさん、雑誌に出てるじゃないのー!こんな格好良く見えなかったものでして(失礼)分らなかったですが、ここラストチャンスに人口がまだ80人しかいない頃から、この環境を守り、提唱してきた人物だそうです。いつもニコニコして陽気なただのおじさんかと思いきや、ムムム。これから見る目が変わってしまいますね。

Dsc_00310009

ダン・ベイリー。

最終日はモンタナに戻り、さらにハイウェイでリビングストーンに。

綺麗な街並みはいつまでもどこまでも我々をわくわくさせてくれます。

で、ここでモンタナの釣り券を購入し、予約の取れたアームストロング スプリング クリークへ。

Dsc_00740015

入り口。

リビングストーンの街からイエローストーン国立公園方面へしばらく行くと、こんなところ?というところに入り口が・・・。70マイルも出していると確実に通り過ぎてしまいます。

Dsc_00360011

こんなところの図。

ヘンリーズフォークに比べるとかなり川幅の狭くせいぜい7,8mくらいでしょうか、しかしながら上流部から湧き出る湧水によって成り立つこの川はまさにマスの楽園。およそ10年前にすぐ隣を流れるイエローストーンリバーの氾濫によって、壊滅的なダメージをおったものの河川を修復し、再び元の姿に戻りつつあるようです。

ちなみにここは私有地である為、100ドルを支払って釣りをしますが、1日の入場数も限定されておりわずか8名。ゆったりと楽しめるわけです。

Dsc_00410012

  ブラウン21インチ。

すでにPMDがハッチしており、あちらこちらでライズを見かけるが、あまり大きくない様子。

しかしながら良く見ていくと、釣りやすい流速のところではなく、緩やかでいやらしいところでライズしているものはすべて大きい。

で釣ってみたらいいんじゃない! Dsc_00570013_1

レインボー19.75インチ。

こちらもいい引きしてくれました。

川幅が狭いせいかそれほど走ることもなく、ランディングもそれほど難しくはないですが、魚は綺麗。

ワタシは午前中でお腹いっぱいになったので、早めに納竿。

今回はベストコンディションでの釣りではありませんでしたが、釣りなんてこんなもの。

また来年も行きたいものです。

現地でお世話になった方々、ありがとうございました。

そして、見代さんお疲れ様でした。

« 明日から・・・ | トップページ | フライフィッシャー 9月号 »

コメント

お~、生きて帰ってきましたか~。
ハッチがあまり良くなかったようで、残念でした。
おいらも、また行きたいナー。
あの乾いた空が、懐かしいよ。

いやぁ、異常気象ですな。ちなみに5日目、モーテルを予約したのにもかかわらず、おっちゃんの手違いで予約されていなく、かつ、部屋が満室に。向こうの手違いなんでそのままの値段でエグゼクティブスィートに。更には帰りのチケット予約がとれてな~いって事に。15分説明して、なんとか・・・。なんども行き先を変更したからかも。日本でも15分くらい探してもらいました。ハハハ、さすがになれてきた感じでヤンス。

MOUNTAIN MARKET・・っていう名前に変わったのですね。
>そのおじさん、雑誌に出てるじゃないのー!
ブラッドですね・・ぜひその雑誌を読みたい!
雑誌名とか号数など教えてもらえませんか?

ピーナッツさま
そうです、ブラッドです。(写真を撮るよといったら茶目っ気たっぷりに、そして少し恥ずかしそうに帽子かぶっていい?ですって)正式にお店の名前が変わったのかは分かりませんが(聞かなかったので)、看板はそのように。しかし、店内は昔のままですよ。ステッカーも昔のままですし。
雑誌は2004の『フライフィッシャー』誌ですが、何月号ダだったかは、後で調べてみます。
ちょうど今出先でございまして、2日ばかり時間をいただければと・・・。すみません。

ピーナッツさま
雑誌の件ですが、2004『フライフィッシャー』3月号でございます。大変遅くなってしまいまして、申し訳ありません。

こんにちは。はじめておじゃまします。

最近引っ越してきまして、近くにfly shopはないかなぁーと、探したところコチラに辿り着きました。
モンタナ素敵ですね。
今度お店にも行きますね。って、もっさんはお店にいらっしゃるのかしら??

ドリィさま
こちらこそはじめまして。
最近引っ越されたのですね。
有名なお店さんや大型店舗さんほどの品揃えはございませんが是非、遊びに来てください!
ちなみにお店にいるかという質問ですが・・・、遊んでばかりいるわけではないのですが、このところお山のツアー等もございまして、8/4~5、8/10~12の週末はおりません・・・。
もしお越しの際は大変恐縮ではございますが、一度お店にご連絡いただけたらと思います。
なお、今週は明日以外は出社しておりますので、宜しくお願いいたします。

>ピーナッツさま
>雑誌の件ですが、2004『フライフィッシャー』3月号>でございます。
知り合いが持っておりまして、読むことができました。あー良かった!
本当にありがとうございました。

ピーナッツさま
そうですかぁ、それはそれは。
なにぶん、少し前のものでしたので、まだバックナンバーがあるのか?などなど、心配でしたが・・・、良かったです。
また、釣りに行って愛嬌たっぷりの彼に会いたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69041/7167668

この記事へのトラックバック一覧です: ヘンリーズフォーク:

« 明日から・・・ | トップページ | フライフィッシャー 9月号 »