2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« よみうり文化センター春日部 トレッキングツアー 蝶ヶ岳、常念岳 | トップページ | フライの雑誌 第78号 »

2007年8月19日 (日)

クラブソルトレッキングツアー 針ノ木岳

少しアップが遅れてしまいましたが、8/10~12まで、北アルプスは針ノ木岳に行ってきましたぁ。

Dsc_00010001 出発の図。

たくさんの観光客で賑わう扇沢を後にし、我々は爺ヶ岳方面に。種池山荘を目指していきます。

Dsc_00020002 ケルン。

歩き出してすぐに尾根に取り付くため、しばらくは登り一辺倒に。

で、しばらく行くと尾根から外れトラバース気味にトレースしだしたところにコレ。

広い場所ではありませんが、お腹が減りまくりの我々はココでしばしランチタイム・・・。

Dsc_00150005 ハクサンフウロ

柏倉新道を登っていると

結構ありまして・・・。

Dsc_00160006 ウサギギク

なんだか和む名前です。

葉っぱがウサギの耳に

似ているからだそうで、

かわいらしく見えます。

緑に黄色は映えますなぁ。

Dsc_00210007 種池山荘、乾杯の図。

何はともあれってことで。若干麦酒が薄く感じたのはワタシだけでしょうか?うーん、まぁいいか!

Dsc_00240008 夕食の図。

麦酒を飲みすぎて、なんだか味が分からなくなっておりましたが、満足させていただきました。ご馳走様でした。

Dsc_00300009 夕食後の散歩。

食事の後に、爺ヶ岳の途中まで散歩に。

ハイマツとお花畑が入り混じる楽園が広がっていました。

写真は針ノ木をバックにチングルマが全開ですぅ。

千鳥足で歩いていたせいか、余計に楽園感を味わえました。

Dsc_00310010 爺ヶ岳をバックに。

参加された仲良しな2人を激写!!

釼からの夕陽を浴びて、

山に負けないくらいに

映えております。

静かな光と風がいいんです。

Dsc_00540011 2日目の朝。

6時に出発し、今回のツアーの目的地針ノ木岳に。

昨日よりは荷物も軽くなり、夜に実施したマッサージ大会により

少しは疲れも引いたのでは?

荷物は軽いのが一番ですよぅ。

Dsc_00560013 キヌガサソウ。

それほど大きなものではありませんでしたが、すごく綺麗に咲いていたので、パチリっ。綺麗ですねぇ。

Dsc_00600015 クルマユリ。

稜線からは良く見かけておりましたが、

やはり色といい、形といい、

存在感が違います。

目を引きますよね、

実際。うん。

Dsc_00680018 ミヤマコゴメグサ。

個人的に好きな花のひとつ。

白の中に黄班があり、

なかなかかわいらしい感じ。

他にホソバコゴメグサ、マルバコゴメグサなどがあります。

Dsc_00710019

岩小屋沢岳。

本日最初のピーク。後は立山、釼岳が全快。まだまだ雪がありますねぇ。

Dsc_00670017 イブキジャコウソウ。

岩肌に生え、

香りを放つ花。

香りを放つといっても、

それほど強いわけではないので、

鼻を近づけてみると良いでしょう。

Dsc_00820022 鳴沢岳までの登り。

危険なところはほぼないのですが、

写真で撮るとこんな感じ。

いいですね高度感のある稜線は!

幸いガスで下が見えないのが残念でしたけどね。

Dsc_00890026 チシマギキョウ。

花に毛があるのが特徴。

で、毛がないものが「イワギキョウ」

他に違いはあるものの、

これが一番見分けるには

良いかもしれません。

Dsc_00930027 黒部湖。

富山側を見下ろすと黒部が。

写真右下部分には

船まで見えます。

あぁ、上廊下で釣りしたいですねぇ。

来年はそうしよう・・・。

Dsc_01080030 ズバリ岳。

山頂がやや狭いので、

一段下がったところから撮ってみました。

このあたりに来ると、ずっと巻いていたガスがすっかり切れて

青空に。

Dsc_01160032 ズバリ岳から針ノ木岳へ。

岩稜をトレースしながら、約1時間。

ようやく山頂が目の前に現れてくれました。

ガスが切れてしまったため、暑さが余計に堪えますが、

あと少し・・・。

Dsc_01240035 針ノ木岳山頂。

14:00ようやく山頂に。

山頂がすぐそこだったのにもかかわらず、

みなさんずっと下ばかり向いて歩いていたので、登頂したときは「えっ、着いたの?」とよく分かってないようでしたよ。疲れてたんですねぇ。

Dsc_01310038 針ノ木小屋。

山小屋は快適でしたが、さすがに混雑していて、就寝するときは

外は寒いくらいでしたが、中は暑くて・・・。

なんでしばらく外で身体が冷えるまで、ゴロリと。

いやぁ、久しぶりに寝れなかったぁ。

Dsc_01400042 針ノ木雪渓。

3日目、7:00に出発、一路扇沢へ。

扇沢までは約3時間とそれほど時間はかからないのですが、

あっち、こっちで道草をしながら下りたので、なんだかんだでノンビリと。

参加された、中川さん、佐藤さん、田中さんお疲れ様でした。来年も是非に!

筋肉痛は大丈夫ですかぁ?

« よみうり文化センター春日部 トレッキングツアー 蝶ヶ岳、常念岳 | トップページ | フライの雑誌 第78号 »

コメント

兄さん、今年もお世話になりました!
さすが、写真はプロ並みですね。特にお花の写真なんか、私が撮ったのと全然違います。今度また、相棒とお店に遊びにいくので、また去年と同じくCDに焼いてくださーい。よろしくお願いします。
私も登山二回目でちょっとだけお花の名前を覚えてきました。今回いちばん気に入ったのは「ウサギギク」です。これからまた少しずつ知っているお花を増やしていきたいと思います。そうすれば、登山の楽しみもますます増えますしね! ほんとにお世話さまでした!夏の稜線歩きはやっぱり最高ですね。

なかがわ殿
いえいえ、大したことも出来ませんでしたが、お楽しみいただけたようで、何よりです。
 写真も“下手の横好き”でして、かろうじて撮れたようなものです。それにしてもお花は綺麗でしたよねぇ。ワタクシもだんだんと覚えてきましたが、来年になるとまた忘れているのが常…。うーん、毎年繰り返しているような。
 で、CDですよね、既に人数分焼いてありますので、ご都合の宜しい時にでもと思います。またご一緒できたらと思います。ではでは。

ご無沙汰しております。針ノ木岳ツアーでは大変お世話になりました。田中です。
相棒から連絡を受け、久し振りにHPに遊びにきました。写真やブログなどを拝見しながら、とても懐かしく思ってしまいました。1ヶ月前のことなのに、嘘のようです。
今回も、天気にも恵まれて、楽しく安全な登山をありがとうございました。北アルプスの景色は本当に最高で、癒されました。そして、登山の楽しみでもある高山植物にまたたくさん出会えて、嬉しかったです。それにしても、兄さんの写真は素敵です。私も結構真剣に撮ったつもりでいましたが、実際帰ってきてPCで確認してみると、ピンぼけがたくさん…。勉強しなくちゃっ。(今回は、露出など分かりやすく教えてくださり、感謝です!)
今は、とにかく仕事、仕事…の日々で、本当のところ、このような写真を見ると、また行きたくなってしまいます。(うずうず~!)今度は、時間を見つけて、秋山にも挑戦。(本当は、白銀の世界も見てみたいのですが、皆に止められるので、とりあえずのところは秋山かな…。)今度は、荷物も減らせるように頑張りますよ!
では、また二人で時間を作って伺いたいと思います。その時は、またお会いできたらと思います。
本当にありがとうございました。

たなか殿
先日はお疲れ様でした&ありがとうございました。いやぁ、普段から鍛えているのか、おのずと鍛えられているのか、体力は十分おありのようで、さすがです。
 秋山も綺麗でいいですよねぇ、実は10月にお山のツアーも考えておりますが、なかなか都合が付かず、まだ未定でございます。
 今回を期に荷物を軽く、もっと快適に過ごせたらと思います。ご来店するときは是非ご連絡下さいませ。また、お暇な時は覗いて下さいな。

急に秋らしくなってきましたね。
あれから、多忙な日々が続き、久し振りにPCを開きました。
秋山ツアーの企画をされているようですが、いかがでしょうか?
今はチョッとお店の方にはいけない状況なので、もし企画があれば、教えていただきたいと思っています。宜しくお願いします。
都合が合えば、また参加させていただきたいです。(今度は、荷物を極力軽く出来るよう、頑張ります!!)

また、中川さんとも都合をつけてお店に遊びに行かせて頂きます。その時には、連絡します。

田中さま
しばらくぶりでございます。
秋山ツアーですね・・・。すみません、企画はしているのですが、スタッフが今の時点で少なく、イベントもあってか、実施は難しくなってしまいそうです。申し訳ございません。
ワタシの方もまだブログにアップしてないのですが、レースで体調を崩し、昨日までずっと39.0℃をキープしておりまして、今日はなんとかといったところでございます。
お暇な時がありましたら是非にと思います。
ではでは。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69041/7574211

この記事へのトラックバック一覧です: クラブソルトレッキングツアー 針ノ木岳:

« よみうり文化センター春日部 トレッキングツアー 蝶ヶ岳、常念岳 | トップページ | フライの雑誌 第78号 »