2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 伊豆シーカヤックツアー | トップページ | ハセツネ 下見 »

2007年9月21日 (金)

よみうり文化センター春日部トレッキングツアー 妙高、火打山

Dsc_00010001 15日~17日までの三連休で妙高、火打山に行ってきました。

台風の影響などで、週末は雨という予報でしたが、なんと快晴。

山小屋もキャンセルが多かったらしく、人も少なめで快適。

しかし、個人的にはかなりきつかったぁ・・・。それは、前日シーカヤックにて伊豆におりまして、帰宅したのが午前2:00。そんでもって午前4:00には起床し、約5時間のドライブの後、ここ笹ヶ峰に・・・。こういうことはあまりやっちゃいけないですねぇ。

Dsc_00050002 夏が戻ってきた?

空の色と、空気は秋を感じるのですが、陽射しにはまだ夏を

感じずにはおれません。

木道をゆっくり歩きながら、ふと夏が終わりに近づいてることを

悟るのでした。

Dsc_00070003 黒沢橋。

笹ヶ峰から1時間ほどでしょうか、ゆっくりと高度を稼ぐとここに。

ここから「十二曲がり」と呼ばれる急登に

差し掛かります。

去年は7月に行きましたが、虫だらけという印象。とくにブヨ&アブが・・・。

Dsc_00130005 高谷池ヒュッテ。

この日はここまで。およそ4時間の道のりでしたが、お疲れ様でした。

Dsc_00190008 小屋の中の図。

冬季は我々バックカントリースキーヤーがお世話になる避難小屋に。

1階は食堂と炊事場、2階は2段に分かれた寝室に。なかなか渋いいい部屋でございました。

なお、トイレで使用した紙や小屋で購入したビール缶などもお持ち帰りです。ご注意を。ちなみにワタクシ、この日はあまりの眠さに午後6:00から11時間半ほど爆睡。ねむかったぁぁ。

Dsc_00120004 オヤマリンドウ。

少~し、咲いてはおりますが、かなりの晴天以外はこんなもの。

ハチも盛んにつぼみの中に分け入ってせっせと仕事を

こなしていたようでした。

さすがにこの時期は働いてますな。

Dsc_00680016 高谷池。

黒沢岳をバックにちょっと撮ってみました。

この時期もステキですが、

厳冬期もステキです。

すみませんね、

滑ることしか頭になくて・・・。

Dsc_00420011 火打山山頂。

高谷池から約2時間くらいでしたでしょうか、

後には日本海が見え、直江津港もくっきりと見えました。

トレール奥の影火打や焼山から北アルプスが一望。

さらに富士山まで見えるこの展望にはみなさん感動してたんじゃぁないでしょうか?わたしゃぁ感動しましたねっ。

Dsc_00440012 焼山方面。

火打山山頂からは焼山方面に向かう方に

注意事項が・・・。

焼山は火山活動によって、入山規制がしかれていたんですが、

今年ようやく解除されたとあって、こちらに向かう人もチラホラ。でも、依然活動は止んでないし、ルートもシッカリあるわけではないので、行く方は気をつけてくださいまし。

Dsc_00480013 ナナカマド。

火打山山頂付近では

すでに赤い実を

つけておりました。

緑に赤って映えますねぇ。

綺麗です。

Dsc_00520014 妙高山。

高谷池に

戻る途中に

撮ってみました。

右は外輪山でもある三田原山。

そして真ん中が妙高山。

Dsc_00650015

天狗の庭から。

火打(真ん中)と影火打(左)が

池に映し出されていて、なんともいえない感じが。

もう少し風がなければ、

くっきりと写ったのでしょうが・・・。

Dsc_00790018 妙高山山頂。

この日は火打山と妙高山とふたつのお山を登るので、多少皆さんには頑張っていただくことに。(しかし、お一人、どうしてもペースが上がらなく、そのまま行くと小屋に到着するのが、夕暮れを過ぎてしまうので、大変申し訳なかったのですが、小屋で待っててもらうことに・・・すみませんでした)

途中、ずっとガスの中でしたが、山頂は御覧のように晴れ。晴れて欲しいときにいつも晴れてくれますねぇ。

Dsc_00820019 自衛隊の方々。

彼らも訓練だったのでしょうか?

10名ほど山頂に。

見るからにはそれほど多く背負ってはいなかったものの

みなさん疲れていたようでしたよ。

Dsc_00910022 黒沢池ヒュッテ。

八角形のヘンテコな(失礼!)山小屋。

右にいらっしゃる方がご主人。

笑い上戸というやつですかねぇ、

いつも笑ってますよ、

ホントに。

Dsc_00860020 小屋の中。

我々は一番上の3階に。

なにやら、子供心をくすぐるような、

宇宙船のような作りですが、

木の感じもよく,趣があって

ステキでした。

Dsc_00900021 3日目。

この日は下山するだけでしたので、朝食が終わってから

しばし、地図読みの練習に。

基礎的なことばかりでしたが、みなさん意外に忘れてますね。

もう大丈夫でしょうか?

参加された、海上さん、崎谷さん、高橋さん、町田さん、三浦さんお疲れ様でした。

« 伊豆シーカヤックツアー | トップページ | ハセツネ 下見 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69041/8030921

この記事へのトラックバック一覧です: よみうり文化センター春日部トレッキングツアー 妙高、火打山:

« 伊豆シーカヤックツアー | トップページ | ハセツネ 下見 »