2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« フライの雑誌 第78号 | トップページ | クラブソルトレッキングツアー 荒川三山 »

2007年9月 5日 (水)

クラブソルフィッシングツアー 野呂川

Dsc_00110001 8/25,26と南アルプスは野呂川に行ってきました。

先月末に北岳に行ってきた時にはまだまだ水量が多かった印象でしたが、今回はちょうどいい水量でして、フライには釣りやすい環境。

しかしながら、こんなにも人気なのか?と疑いたくなるくらいに人が多かったなぁ。

ちなみに後方のお山は北岳(3,193m)です。

Dsc_00130002_2 今回は・・・。

芦安の市営駐車場からバスに乗り換え1時間ほどで、ここ広河原へ。

何人かの先行者がいるものの、ほとんど日帰りとのこと。我々はバス停からつり橋を渡ってキャンプ指定地へ向かい、ココをベースにテント泊。

で、まずはということで、ワタクシが・・・。みんなの食料もって・・・。ザックは95Lですぅ。

Dsc_00240008 テン場の図。

広河原山荘にあるキャンプ指定地にテントを張り、

さっそく釣りの準備に。

みなさんテントの張り方には少々手間取っていた感がありましたが、

釣りの準備となるとさすがに早いです。まぁ、当たり前か・・・。

Dsc_00320014 夕方は大物が出たものの、

日中はこんなものがぽろぽろと。

しかし、5分と違わずに釣りあがっても、

丁寧に探ればサカナは必ずと言っていいほど、出てきます。

はたしてどれだけストックされているんでしょうかねぇ?

Dsc_00390020 師弟コンビ。

2人で参加されたお客様。

左で的確に指示している方はかなり上手な方ですが、

その指示に対し確実にフライを

入れていくこの方(右の女性)もなかなか。これからが楽しみですねぇ。

Dsc_00430023 緩やかなひととき。

じっさいにはそれほど釣りあがったわけでもなく、

気合が入りまっくているわけでもなく、みなさん緩やかに、

景色を楽しみつつ、遊んでましたねぇ。

まぁ、もちろんワタクシも・・・。

Dsc_00480027 晩餐の図。

これは前菜といったところで、チキンサラダとオニオンポークスープ。

メインには豚の味噌漬けステーキでガツガツ頂いてもらいましたが、

食事を始めたのがイブニング後でしたので、22時くらいまでダラダラと飲みながら夜は更けるのでしたぁ。ちなみにこの日の夜の気温は17℃程。

結構みなさん寒がってました。

Dsc_00540029 2日目。

早朝から我先にと、上流部に行こうとするものの、みんなで寝坊・・・。

結局、テン場の付近で、お魚に遊んでもらうことに。

いやぁ、実にゆったりとした2日間ではありましたが、参加された小平さん、松井さん、丸山さん、水沢さんお疲れ様でした。

« フライの雑誌 第78号 | トップページ | クラブソルトレッキングツアー 荒川三山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69041/7815646

この記事へのトラックバック一覧です: クラブソルフィッシングツアー 野呂川:

« フライの雑誌 第78号 | トップページ | クラブソルトレッキングツアー 荒川三山 »