2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« クラブソルトレッキングツアー 朝日岳 | トップページ | 夏の縦走の巻き »

2008年8月25日 (月)

クラブソルトレッキングツアー 雲の平

Img_0311 8/1~8/4まで、お店のツアーにて、折立から雲ノ平を経由し、

水晶、鷲羽、野口五郎岳と巡り、高瀬ダムまで縦走してきました。

参加された、佐藤さん、田中さんお疲れ様でした。

ほとんど好天に恵まれたことが、幸いでした。

また、宜しくお願いいたします。

Img_0165 折立。

前日の夜に新宿から夜行バスに乗り、一路富山へ。

折立行きの直通バスには、間に合わなかったものの、乗り合いタクシーに乗りことが出来たため、結果バスより早く到着することに。

時間にゆとりが出来たため、ゆっくりと登ることになりました。

Img_0170 太郎までの道のり。

天候が崩れることはなく、

えっちら、おっちら、

という感じで木道を

5時間ほど、歩いていきます。

Img_0173 モルツ。

太郎小屋には13:30くらいに到着。

それほど疲れた感はないものの

ステキな青空に、

早くも一杯happy01

Img_0180 太郎小屋と薬師岳。

今回は薬師には登りませんでしたが、

反対の太郎山から、パチリと。

次回はトレランにて、

遊びに行きたいものです。

Img_0192 2日目。

太郎小屋から、薬師沢小屋方面へ下ることに。

途中、何度か横切る沢には時折、

イワナが泳いでいるのが、

確認できます。

Img_0195 薬師沢小屋。

最近はイワナが少なくなっていることから、

山小屋でもリリースを促していました。

魚券もいならい、貴重な遊び場ですからね。

守らないとですね。

Img_0202 つり橋。

小屋が奥の廊下と薬師沢の

合流地点にあるため、

雲の平に行くには、このつり橋を渡っていきます。

それにしても、水が綺麗なことhappy02

Img_0204 AK。

辛い、直登を終えると、アラスカが・・・。白い世界が・・・。

なんて、ワタシはひとり違う妄想を繰り返してました~。

Img_0214 雲の平。

お花畑に囲まれた、

まさに“雲の上の楽園”がココ。

遠くに見えるのが、

水晶岳でございま~す。

Img_0217 この日は、雲の平山荘に泊まる予定でしたが、

天候が早めに崩れると聞いたもので、先へ急ごうということになり、急遽水晶小屋を目指すことに。

ただ、この週はこの夏一番の混雑もあって、小さな水晶小屋はいっぱいとのこと。我々は雲の平山荘から、予約を入れてもらい、なんとか行くことに。

Img_0230 祖父岳。

ところどころに雪渓が残っており、

涼しさを覚えます。

しかしながら、実際は強い風の中を歩いていたので、

ちょっぴり寒かったですけどね。

Img_0239 祖父岳山頂。

ケルンの後ろが鷲羽岳で、

その左がワリモ岳。

周りをすべて一望できるこの場所で、

しばし休憩となるのでした。

Img_0255 イブキジャコウソウ。

水晶付近はこの花が、

あちらこちらに。

少し触って、匂いを嗅ぐとステキな

香りに包まれます。

082 水晶小屋。

9時間以上、歩いていただきましたが、

無事に。小屋に到着。

ビール、ビールと騒いでいたのはワタシだけかも知れません。

ハハハ。

Img_0275 水晶岳を目指して。

3日目の早朝、快晴の中、

山頂まで軽くハイキング。

黒と白と緑と青の

コントラストが素晴らしい!

Img_0280 水晶岳山頂。

晴れ渡った空のおかげで、

立山はもちろん、

遠く白馬岳まで

見えておりました。

Img_0289 イワギキョウ。

逞しくも儚いこの手のお花。

しばし眺めてしまいますねぇ。

Img_0293 鷲羽岳。

後ろに見えるのが槍ヶ岳。

まだまだ皆さん元気なようですね。

Img_0305 真砂岳分岐。

朝はまだ元気だった田中さんも

この日は体調が優れず、ペースダウン。

日ごろの仕事の疲労が溜まっていたのかもしれません。

しかしながら、それでもほぼコースタイム通りなんだから、スゴイですよ。

Img_0309 野口五郎岳。

白い砂の台地に立つと

山頂が。

大天井や燕、餓鬼までまで一望できる景色は

やはりサイコーです。

Img_0310

おまけで、もういっちょ。

ワタクシのささやかな夢。

そう、ここで、歌を一曲karaoke

どうですか、達成感に満ち満ちた満面の笑顔は。

バカですね・・・。

Img_0312 野口五郎小屋。

4日目は夜半から振り出した雨で、

もともと風が強いこの一帯は嵐のように、視界もきかない状態に。

そして、時折大きな音と共に雷がなり、とても良いとはいえない稜線歩きを経て、

無事、高瀬ダムに下山したのでした。

« クラブソルトレッキングツアー 朝日岳 | トップページ | 夏の縦走の巻き »

コメント

ご無沙汰しております。田中です。連絡を頂いていたツアーだけに、仕事をさぼっても行きたかった…と、ブログを見てしみじみ思いました。お天気にも恵まれたのですね。
私は、今年は友人と木曽駒、家族と常念に行ってきましたが、常念では天候に恵まれず、雷雨に遭い怖い思いをしました。無理は禁物ですね。
登りたくってうずうずしているので、もし又何か企画があれば、お知らせいただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

新しいPCを購入したため、繋ぐまでえらい時間がかかって今頃拝見させていただきました。

こちらこそご無沙汰しております。
ロングツアーになるとなかなかお休みもとりづらいですよね。すみません。
 それにしても、山には出かけられているようで良かったです。まぁ、山の雷は怖いですねぇ。
 次回の企画も考慮中ですので、決まり次第またご連絡いたします。
ではではpaper

お天気がよくてええわ~

野口五郎が別人?だわさ~~
あんな景色だったのね

ほほおう

素敵な日記ですわ!とくに写真が良いですわ

つづきが楽しみに~

しょこたん殿

ステキだったのですわよ~。

今度の縦走も今書いているところでございますわ~。

もう少しお待ちくださいませですわ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69041/23191288

この記事へのトラックバック一覧です: クラブソルトレッキングツアー 雲の平:

« クラブソルトレッキングツアー 朝日岳 | トップページ | 夏の縦走の巻き »