2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« フライフィシャー6月号 2009 | トップページ | ようやく »

2009年5月 5日 (火)

白馬鑓温泉ツアー

Dsc_30640040 4/30~5/2まで、白馬鑓温泉をベースに滑りに行ってきました。

今回のメンバーはなんと8名。

大所帯となりましたが、無事遊んでくることが出来ましたとさ。

それにしても天気に恵まれた3日間でしたぁ。

おかげで、日焼けが凄いこと、凄いこと・・・。

Dsc_28800001 ETC¥1000にあやかろうということで、

前日の29日中に出発し、

猿倉に4時に到着。

あまりに眠すぎて、7時くらいまで熟睡coldsweats01

なんだかんだで、9時近くになってから

出発することに・・・。

Dsc_28980006 すでに陽射しが痛いくらいになってきて、

暑~いを連発しながら、

小日向のコルに。

束の間の休憩に、

もっと水持ってくればよかったと、雪を食って喉を潤すのでした。

Dsc_29060009 杓子沢の出会いに向けてしばしの滑り。

うるちゃん。

Dsc_29250013 ハニくん。

Dsc_29370014 あやさん。

Dsc_29480017 岸さん

Dsc_29610018 しょーちゃん

Dsc_29680019 たいちゃん。

Dsc_29790020 みつるん。

Dsc_29830021 上部右の黒いところが鑓温泉。

ということで、これから登っていくところを

背にパチリッと。

数日前に降った雪が、

汚れた斜面を覆ってくれていて、とても滑りやすい感じ。

Dsc_29850022 杓子沢からシールを貼りなおして、

温泉までの登り。

GWは鯉のぼりの季節ということで、

うるちゃんはそれを傍らに装着しての参加。

他にシャボン玉を持ってきたみたいですが、忘れていてやれなかったとのこと。うーん、毎回この人ってば・・・。

Dsc_32590068

鑓温泉。

昨年よりの雪が多く、

しかもお湯もかなり熱い状態。

とりあえずということで、

雪を上部から投下することで、お湯の温度を下げる作戦に。

Dsc_32490066 いやぁ~、こういうのって

みんな燃えるんですよねぇ~impact

オラオラオラオラオラオラオラ~、って感じで。

温くなったお湯もすぐに熱くなってしまうため、

交代で、雪下ろしをすることに、それにしても良いお湯でしたぁ。

Dsc_29990025 麦酒beer

今回はワンポールテント1張りに、

2,3人用のツェルトを2張り。

Dsc_30000026 で、ワンポールはレンストラン兼4人用のテントととして使用。

その分、食料を持って行くことに。

麦酒も一人500mlを5本は持っていってましたからねぇ~。

Dsc_30030028 夕食の図。

もちろん、お鍋なんですが、今回は定番の鳥鍋に、カレー鍋と

とても美味。締めの中華麺とそばは気が利いてましたねぇ~。

はにくん、しょーちゃん、食事の準備ありがとうございました。

しかしながら、新しいジェットボイルの3.0L鍋は使えます!!

Dsc_30060030_2 そして、最近の浄水手段として、

MSRのMIOXを使用。

温泉を利用すれば、すぐに水が作れ、スピーディに

浄水できるってわけです。

毎日10Lは浄水してました。ハイ。

Dsc_30130031 2日目。

ダラダラと朝食を済ませ、

白馬鑓ヶ岳を目指し、ハイクアップ。

ほぼ直登のこのルート、個人的に細いシールを持ってきてしまったために、途中つぼで登行。

意外に疲れましたねぇ。

Dsc_30340034 標高を上げると、雪の状態もさらい良くなり、

何処を滑ろうかと、期待も膨らみます。

眼下に見える景色も

素晴らしく、

独り占めしたかのような気分。

悪くないです。

Dsc_30380036 大井出原をつめる予定でしたが、

ショートカットして、直接鞍部へ。

稜線沿いは凍っているところもあり、

場所によっては

ヒヤッとするところも。

で、写真は少し足を滑らせたところ。

Dsc_30400037 稜線の分岐点まで上がり、目の前の鑓ヶ岳を登り、一度

前に見える斜面を滑ってから、

こちら側を滑ろうということになったのですが、

しょーちゃんの一声で、ルート変更。

2774mの大井出原の源頭から滑ることになりました。

Dsc_30610039 剣方面。

滑るとなったら、みんな早いこと。

すぐにシールをはがし、

滑走に向け準備。

しばし、

景色を楽しむのでした。

Dsc_30600038 斜面はこんな感じ。

雪尻もなく、

下のテラスまで素晴らしいバーンが覗く。

雪質も申し分なく、

期待が高まります。

Dsc_30670041 今回もカメラマンなので、

先に中盤まで滑ることに。

いやぁ~、

気持ち良さのあまり、

ボトムまで行きそうになってしまいましたぁ。

Dsc_30730042 たいちゃん。

Dsc_31060044 あやさん。

さすがスキーの先生、きれいです。

Dsc_31320048 Dsc_31380050しょーちゃんこと、ちびっ子ギャング。

速さは1番でしょう!

Dsc_31540052岸さん

Dsc_31730053 うるちゃん。

Dsc_31910054 みつるん。

Dsc_32060055

ハニくん。

Dsc_32240059 テラスから。

だんだんと高度を下げていくと、

雪質が悪くなりつつありましたが、

気分はサイコー。

大満足のみんなをパチリッ。

で、帰り際に各々ラインを刻むことに。

Dsc_32320061たいちゃん。

Dsc_32420064 うるちゃん。

Dsc_32580067 テン場の図。

我々以外には、意外にも1組のみ。

こんな空間を共有できるのって、

良いですねぇ~。

みなさんありがとうございました。また、宜しくです。

 

« フライフィシャー6月号 2009 | トップページ | ようやく »

コメント

早速、拝見しました!!

いや~天気にも恵まれたみたいで、最高に楽しそうですねぇ、行きたかったbearing

来シーズンの冬にまたみなさんとご一緒したいですねぇ。お疲れ様でしたscissors

いやぁ~、晴れましたよぅhappy01
来シーズンは是非ご一緒に!!

でも、これからはフライですよフライ!

よろしくですgood

楽しかった思い出がよみがえります。
毎度のことながらありがとうございます。

しかし日焼けが酷かった。
帽子をわすれて、ほとんど火傷でしたね。
次回は気をつけなければ。

たいちゃんへ

いえいえ、とんでもないですよ。

それにしても日焼けには気をつけなければなりませんねcoldsweats01

ワタクシは何とか治りましたよ。

happy01heart02happy01

まいど、もっさん感謝です。
あと、岸さんのピンクバンドにも!!!!

ありがて~ありがて~~~

私は、翌日すぐにフェイシャルエステへ行ったので、
無事scissors日焼けは、治りました~~

しかし、しかし、しかし
happy02heart02lovelyheart04crying

ちょーーーたのしかったああああ~~~

またよろぴこ

いえいえ、こちらこそ楽しかったでございます。

ワタクシはうちの奥様にアロエを塗ってもらい、みつるんより早く治りましたぁ~。

また、遊んでやってくださいましぃ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69041/29443240

この記事へのトラックバック一覧です: 白馬鑓温泉ツアー:

« フライフィシャー6月号 2009 | トップページ | ようやく »